手続き関係

以下メモの続き。

●国民健康保険の変更

社会保険から国民健康保険へ切り替える際、社会保険の喪失証明書が必要。

とりあえず、区役所に行こう(アバウト)

減免申請する場合、6月に保険料が算出されるため源泉徴収票を持って、それ以降に早めに手続きに行く。


●年金種別の変更

厚生年金から国民年金に切り替える際、年金手帳が必要。

区役所に行こう(アバウト2)

こちらも減免申請する場合、会社から自宅に離職票が届くのでそれを持って早めに手続きに行く。

年金は5年前まで遡って納めることの出来る後納制度もあるため、とりあえず減免(というか分納)しておこうと言う腹。
定職に就いたら全額納めるつもり。
ちなみに3年以上遡ると利子的なものが加算されるそうです。

詳しくは日本年金機構のHPにて
国民年金保険料の後納制度(平成28年4月1日)

●失業保険の受取申請

これはちょっとややこしい。
職業安定所にて申請してから振込みまでに待機期間があり、会社の都合で失業した人は約1ヶ月、自己都合で退職した人は約3ヶ月経過しないと振り込まれない。
無貯金で無職になろうとなんて思っている人が居たら、日本では辞めといたほうがいいね(^^;
失業した日から1年間の時間制限つきで、退職理由と勤続年数に応じた給付日数となる。
給付金額は、会社員時代の給与額と年齢によって変動する。

詳しくはこちらのサイトにて
シツホ!

●生命保険の変更

忘れそうなのがこれ(^^;
私は会社員時代、職域団体保険に加入していたのでその延長プラン的なものがあると聞き、それにしようかと検討中。。

→5/2追記
保険料にほとんど変更なかったので、同じプランを続ける事にした。
[PR]

# by aroundjapan | 2016-04-20 22:05 | 2016 日本一周(準備編) | Comments(0)  

バイクの異動

2016/4/26(火)

支店に出向き、正式に退職書類を受け取ってきた。
意外にも周囲の方は温かく、恨み言を言われるようなことはほぼ無かった。
これからは自分で自分の生計を立てていかねば成らない。

以下メモ程度に。
バイクの異動に関して

●ナンバープレートの変更
W650は東京の大田区で出会い購入するに至ったため、当時住民票を写した住所の品川ナンバーであった。
ところがこの瀟洒なイメージのあるナンバー。
車は品川ナンバー♪なんてイイ気分で九州をうろうろしていると、休憩に立ち寄った道の駅なんかで、必ずと言っていいほど「品川から来られたんですか?」と質問されるのだ。
この間のツーリングなんて、品川ナンバーを見て品川から来たの?なんて聞かれると「宮崎を出て福岡に移動しているところで、今日の出発地は指宿で、今日の目的地は天草です。品川なのは、東京で買ったからです」
と答える。
・・それがけっこうめんどくさい。
そこで、九州を走り始めるようになって私はやっぱり福岡ナンバーにすべきだと思った。
そしてついに手に入れた福岡ナンバー。

ここまで余談。

準備するもの
車検証、住民票(住民票を何度か移している人は戸籍の附表も。)、印鑑(実印でよい)、ナンバープレート(県外から引っ越してきた場合)

行く場所
該当地域のナンバープレートを管轄している陸運局(福岡ナンバーなら福岡運輸支局)

注意点
戸籍附表は何度か住民票を移したことのある人なら、住民票と合わせて提出を求められる。
私は運輸支局の窓口で知ったので近くにある郵便局で発行したが、時間ロスになるので住民票と同時に手に入れておこう。
二輪は希望ナンバー制度が無いので、キリ番は期待しないどこう。
窓口の人は早く帰りたがっているので、受付終了時刻の1時間前には受付を済ませておこう。
ちなみにOCRシートの購入(20円)、戸籍附票の発行(300円)、番号標代(570円)などで全ての金額900円程度で済んだ。
自動車はプレート2枚あるし、もっとかかると思う。
手続きがスムーズに済んでも、1時間は見ておいたほうが良い。

b0367657_21282292.jpg


バイバイ、品川ナンバー。

●ナンバープレートを変更したら、その後すること

○自賠責のナンバー変更、住所変更

準備するもの
印鑑(実印でよい)、自賠責保険証明書

行く場所
自賠責を契約している保険会社の営業所

注意点
待ち時間が意外と長かったが(20分程度)、記入することは少ない。
氏名の漢字が間違っているのが気になっていたのでついでに訂正してもらった。

○任意保険のナンバー変更、住所変更

契約保険会社にもよると思うが、電話で変更できた

[PR]

# by aroundjapan | 2016-04-19 21:34 | 2016 日本一周(準備編) | Comments(0)