<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ドライブイン七輿

2017年現在、少し前にNHKで放映されたのをきっかけに、ドライブイン・自販機ブームの波が来ている。

九州地方にはほぼ現存しない(2016年鹿児島では一機実働)ため、私と懐かし自販機とのインターネット上での出会いは、20歳を過ぎた頃。

当時、某懐かし自販機のサイトで存在を知った群馬県のドライブイン七輿だったが、ついにその地を踏むことが出来た。
某サイトではその頃より現在に至り、日本各地で繁栄した自販機を廃業そのときまで愛でるべく、経過観察のごとく粛々と更新が続いている。

そんな、懐かし自販機・ドライブインの聖地と言っても過言ではない群馬県の占めるシェアは全国に点在するもののうち2割弱!

b0367657_20014160.jpg
一発目から感激の嵐。
到着したのは冷え込み始めた夜だったが、孤独に輝く電灯が数十年前より看板を照らしている。
シャッターを押しながら、この記事を書けること、そして数日間の充実した群馬ライフを約束されたようでにんまりしてしまう。

b0367657_20014967.jpg
入り口側外観。
ネオンがいかにもドライブインという印象。
パチンコ屋でさえも、こういった種類のネオンは現在では使用している店が少ないので懐かしさに駆られる。

しかし、思っていたのと違うなぁ。
広い駐車スペースの奥まで歩いてみる。

b0367657_20015898.jpg
あぁ、これだ。
この看板を見てここに憧れたんだ。
残念ながら、インターネット上で見ていた当時の看板より随分色褪せてしまっていた。
b0367657_20020655.jpg
入店してみると先ほどの赤看板のスペースは事務所になっているそう。
群馬ローカル的には、懐かし自販機の聖地であることを自覚し最近まちおこしに利用しはじめた・・という内容の新聞記事などが貼られていた。

b0367657_14494625.jpg
店のステッカーを作ってみたらしい。
私のようなマニアの記念来店向けのはずだが、どうにもデザインがしっくり来なくて購入に至らず・・。
トラック用なのか、やけに大きいし。

下段にはかわいらしい包装を施されたラベンダーまくら(?)
長距離トラック運転手に癒しを提供したいといったところだろうか。
b0367657_14495235.jpg
こちらにもラベンダーのポプリ人形、手作り七ちゃん地蔵。

私「う、うん・・・」


b0367657_20022465.jpg
店内節電のためか暗い。
室内照度に比べ、やたら自販機のパネルが発光しているため近くに寄らないとなにを販売しているのか分からない。
大きく、左からカップヌードル・ドリンク・女子トイレを挟んでハンバーガー・トーストサンド・男子トイレを挟んでカップヌードル・うどんそばラーメン。

店構えの割りに自販機台数はこんなものか、といったところ。

自販機とか何かよりとにかく言いたいのが激しくショ×ベン臭い。
これはホカホカした汁物を食べることは体調をよりスムーズに悪化させることになりかねん云々と直感で思ったので、一つだけ選んで軽く食べてお暇しよう。
b0367657_20021346.jpg
よりによって男子トイレ横の下部から排出されるトーストサンド(ハムチーズ)選んでしまった。
シチュエーションは底辺であるが、トーストサンド機初体験なので嬉しい。
b0367657_20050911.jpg
卓上の調味料類にもいちいち、給食当番のエプロンのように名前が入っていて和む。

b0367657_20051831.jpg
温まったアルミホイルブツが男子トイレ横の下部より排出された(強調)
このままだとぺしゃんこ過ぎて食べ物には見えまい。

b0367657_15065986.jpg
室内も寒いのでインナーグローブを着用したまま捲る。
なるほど、こんなものね。
230円の割にたいしたことは無い。インスタ映えなんて、もっての外。
b0367657_20052752.jpg
味も普通。温められているのでその点は口に嬉しい。
決して人に薦められる食べ物ではないが、興味のある方は是非どうぞ。
文句を言いつつも、九州から来て食べている変態は私です。
b0367657_20053695.jpg
ゲームにはあまり興味が無いのと、先客が何人かいたので見ずに退店する。
ネオンとW650を記念撮影していると、窓ガラス越しに怪訝そうに私を見つめる男性が居たが、私は構わず撮影を続けた。

(完)



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-15 15:38 | 2017 バイク旅 | Comments(0)  

群馬へ

10月の終わる頃、幾度となく襲った台風もようやく過ぎ去り空模様が好転。
東京を出ることになった。
正午に都内でガソリンを入れて西東京、田無タワーを眺めながら東村山などを通過。
W650で東京に来ることは暫くないだろう。

b0367657_19413251.jpg
飯能あたりで休憩。
都内からもうだいぶ離れた。気温が徐々に下がっていく。
299号を、里から山に入る直前の公衆トイレに立ち寄る。

b0367657_19474071.jpg
調べておいた、お食事処 昭和という店の秩父名物わらじかつを頂く。
正確にはこちらの店は秩父ではなく、小鹿野に位置しているが、わらじかつは両地共通のB級グルメなのだと思う。
すでに正午から4時間ほど走り、陽も傾き始めたので腹ペコだ。

バイクを駐車していると「すぐそこでいいよ」と、のれんから顔を覗かせる慣れた様子の年配女性。
ライダー客も多いようで、店内の壁にはツーリングチームなどの寄せ書きが多数貼り付けられている。
地元民と思われる女性の先客がいたが、体が冷えていたのでストーブの前で当たらせてもらった。
赤く燃焼している筒に反射板が張られているタイプで、古風なやつだ。
ここらはもう秋から冬に変わり始めている。


b0367657_19485312.jpg


わらじかつの基本は、飯の上に甘いたれに漬けたかつが載っているスタイル。
野菜などは挟まれていない。ただそれだけ。

こちらの店では、わらじに確り鼻緒が付いていて洒落ている。
他の店のわらじは全部裏を向いているのかもしれない。

わらじかつと言うだけあって、大抵どの店も器を隠すほどバカでかいカツを提供するわけだが、こちらの店は肉は薄くしてあるので女性の私でも完食を遂げるために死ぬ思いをせずに済む。
味噌汁は美味しかったが、味が濃いので残してしまう。
メインディッシュのたれが濃いので味噌汁は薄くして欲しかった。
漬物も薄味でお願いしたい。全部が辛くちゃ早死にしちまうよ。
なんだかんだと書いてもカツだから好きなのである。

b0367657_19492380.jpg

小鹿野は二輪を用いて街おこしをやっていたそうで、それは私の耳にも入っていた。
しかしそれも10年ほど前の話なので現地はスッカリ閑散としてしまっているのだ。
町おこしの中心地であったらしい、モトグリーンGというカフェに立ち寄るも16時過ぎには閉店していた。
誰も停めていない屋根付き駐車場にひとり佇むW650。

小鹿野町を出るとまもなく群馬県に入る。
この道中は空腹に飯をかきこんだ為か、物凄い眠気に襲われてなにも覚えていない。
気がつくと、日の暮れかかった関東平野奥地-つまり群馬県の入口-に居た。

河川敷のキャンプ場に入ってみたが、よくわからず自転車道に迷い込んでしまう。
最近は全く整備されてない様子で、自転車道に落ちていた夥しい数の銀杏をW650に踏ませてしまった。

17時半に暗くなり始め、18時には日が沈んだ。
烏川の土手の上で夕日を見届けると同時に身体は震え、とうとう野営は諦めることにした。

コンビニのカフェスペースで休憩と夕飯。
気温が低くなったので暖房の効いたカフェスペースはとても有難い存在。
W650のタイヤを見ると潰れた(潰した)銀杏で真白くなって、すでに異臭を放っていた。

今回の旅は群馬と長野がメインのつもりだ。
群馬に来た理由は私と趣味が似ている人はおそらく予想がつくだろう。
群馬は貨物トラックの中継地点となっているのか、多くのドライブインが存在し、2017年の現在も実働の店が多い。
その数は日本一で、群馬県は言うなればドライブインの聖地である。

ということで、インターネット上で見つけて10年以上前から憧れていたとあるドライブインに出かけた。

画像が多いので別記事にする。
ドライブイン七輿
b0367657_19542694.jpg


今日は長時間走行し、そろそろ一人でゆっくり寝たかったのでビジネスホテルを取った。
室内はドライブインに負けじと昭和の香りを多分に残していた。
というか煙草臭かった。
安いプランで部屋は選べなかったので喫煙室になったが、暖房をつけるとフィルターに集積した煙草の臭気が充満し吐きそうになった。
ベッドカバーの上には糊のついた寝巻きが畳んであったが、見た瞬間ベッドの隅に放り投げた。

宿はそれほど混んでなさそうだったので、私のような女性一人客には通常禁煙室が空いているなら声をかけてくれてもいいのに・・と思ったが、価格に免じて我慢しよう。
10月の終わりで、布団を被れば耐えられるほどの寒さなのでさっさと寝る事にした。
ふと見たドライヤーは昔自宅で使っていた物で、90年代初頭のものだった。

b0367657_15214519.jpg
用途不明な物掛けがあったので着ていたものを全て掛けてみた。
壁紙のデザインはもはや昭和を通り越して大正趣味的だ。


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-07 08:27 | 2017 バイク旅 | Comments(3)  

東京逗留記#3

雨降りなので電車を使って散歩することにした。
普段から街歩きは嫌いではない。
東京は住んでいた時期に方々へ出掛けていたので、必然的に行ったことのある場所が多い。
b0367657_17524777.jpg
東京大学駒場キャンパスの隣にある、日本近代文学館へ。
意匠に凝っていて、有名建築家作に思えるが違うらしい。

初めて訪れたのは5年ほど前。
ここにはミュージアムショップならぬ、文壇コーヒーという店が併設されている。
当時はまだ開店して日も浅く客も疎らだったが、昨今こういった変わり種カフェは人気があるらしく、店内席は混み合っていたためテラス席にする。

b0367657_17530041.jpg
施設名称を裏切らない、一々文学作品に因んだメニューになっている。
今回注文したのは林芙美子の放浪記より、牛めし十銭。
2017年の物価ではランチセット1150円とのことで、セットのコーヒーも選べる。


牛めしはゴボウの入ったすき焼き風で、半分ほど食べた後さらに卵を溶き入れる。
大根の酢漬けもしっかり味が付いていて美味しい。
味噌汁を探るとアオサ、さらにかちゃと音を立ててしじみの縞模様が見えた。
青森で食べたしじみラーメンのシジミと比べると、箸でつまめないほど小さいが出汁はよく出ていた。


b0367657_17530963.jpg
コーヒーは“日本人が最初に飲んだと言われる”寺山ブレンド(エチオピアモカ、もちろん寺山修司に拠る)にしたが、酸味と苦味の二極という感じで、現代のコーヒーに慣れている私にはとても美味しいと思える代物ではなかった。
よくよく考えるとブレンドはいずれも近代文学全盛、つまり日本でのコーヒー文化の発達以前であったはずなので、次回は無難そうな、何にも因んでいないロイヤルミルクティあたりにしたい。

テラス席には私の奥に一人で読書しつつ喫茶を嗜んでいる男性がいたが、その向こうにいる5名ほどの集団が騒がしかった。
文学館付属のカフェであるのに、その趣旨を解さない大声で話す男女の軽薄さよ。
私の食事と同時に集団は終わって帰って行ったが、顔を見て私より年齢は上とわかり軽蔑した。

カフェで会計すると以前はなかったグッズがいくつも売られていた。
全然欲しない品物だった。
近代文学資料館が2階にあるので見てみようかと思ったが、書籍の閲覧が主で入館料もかかるのでならば移動しようと思う。
ちなみに近代文学館の起こりは、有志による近代文学資料の収集と保存だそうだ。

b0367657_17532868.jpg
私鉄を使って豪徳寺へ来てみた。
雨のせいか、塀の周りがションベンくさい(言い得ているのであえて汚い表現を使う)
境内は意外にも広く、紅葉が綺麗だった。

b0367657_17533664.jpg
豪徳寺といえば招き猫。
謂れを探りたいのだが、有料の展示室の中にあるのか、どうして招き猫が有名なのか結局わからなかった。
個人的には興味が無いので放っておく。

b0367657_17534688.jpg
招き猫が沢山いるのが“インスタ映え”するとかで、雨の中傘を差してまでショ×ベン臭い寺に若い女性が何組もひしめいていたのが異様だった。
そういう具合で、有料の展示室を見る気分も起こらず寺を後にする。

b0367657_17535881.jpg
周辺に金魚を大量に繁殖させている民家があったが、まさか招き猫の餌になるのか…。

b0367657_17541140.jpg
世田谷の住宅街を歩くのは異世界的で楽しい。
世田谷には驚いたことに城があったそうだが、その名残か、道幅が前時代的に狭いまま。
限られた敷地に大勢で一軒家を構えているため、日照や騒音問題…マンションで暮らすよりももっとルールが厳しそうだ。ここが仮に東京都でなければ、空気の入れ替わりのない閉鎖的な町であろう。
戦後も田んぼが多かったらしい世田谷区は、家を建てた世代が一気に年をとって地区活動が成り立っているのか、チラシの貼られた掲示板を見ていると心配になる。
やはり維持や税金・世代交代の事を考えると、人口減の我々世代は一軒家を容易に所有できない…などと思う。

画像の、一軒家に置いてあった家庭用の立体駐車場。
小型の物は初めて目にしたが、製品として販売されていたのだろうか?実働するのだろうか?

b0367657_17542086.jpg
突然緑道が出てきて不審に思い調べてみると、昭和初期に暗渠化された烏山川だった。
地図上で辿ると、上流は千歳烏山や八幡山あたりから来ているのでその辺りは地名に現れているように昔小高い山だったのだろう。
下流は桜で有名な目黒川に合流しているようだ。

b0367657_17550796.jpg
夜は2日連続で横浜へ。
一人で中華街へ来るのも2日連続だった。
弟と夕飯の約束をしたので待つつもりが、誘惑に勝てずエッグタルトを食べてしまい食欲を刺激してしまった。
エッグタルトは180円の割りにとても小さかった。
甘いものを食べたら塩辛いものが欲しくなる人間の性。

中華街に一軒だけ見つけた、ねぎパイ¥200 
数年前に蘇州の道端で買って食べた。現地では熱くなった鉄釜の内側に生地を貼り付けて熱していた。
まさしく小麦粉の焼いた物の味。
目の前で焼いてもらい、ほのかな塩味がして美味しかった。

自然と足が動き、今度はゴマ団子を購入。ビニール袋に入れてもらう。
もう食べてはいけない。

b0367657_17552657.jpg
弟とは、ベイスターズのお膝元で待ち合わせた。
私は関内に行きたい店があったのだが、弟も行きたいとの事で連れて行く。
b0367657_17555132.jpg
こちら、宮崎県日南出身の歌手・鬼束ちひろの弟が開店したラーメン屋。
一応、分類としては鶏白湯豚骨ラーメンという事だがその時点でよくわからない。(すでに一種類になっていない)
さらに味を選べるという事で一番スタンダードそうな醤油に。
700円と言う値段は、豚骨ラーメンとしてはギリギリ許せる上限だが、東京(横浜)にしては割りと安価。

b0367657_17553951.jpg
鬼束ちひろファンと伝え、宮崎に住んでいた話をすると、気さくな弟さんはとても嬉しそうに話してくださった。
さらに姉の鬼束ちひろがコラージュした、というステッカーを差し上げますとのこと。
差し出されたジャックオランタンの容器から選んで、弟もなぜか貰い喜んでいたところラーメンは運ばれてきた。

ラーメンの味は濃厚ではあるが、名前から想像するよりもずっと食べやすかった。
たまに鬼束ちひろも訪れるそう。
美味しいので近隣の方は是非どうぞ。

麺創 蛍(ほたる)
〒2310011 神奈川県横浜市中区太田町中区太田町2丁目 2-26 トーホービル1F
045-264-8707


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-05 07:26 | 2017 バイク旅 | Comments(0)  

東京逗留記#2


昨日停めた駐輪場は、21:00~9:00まで夜間最大300円。
弟の家から歩いて行ける範囲では最安。しかも支払いにクレジットカードを使えるのが嬉しい。
今日は一日予定が入らなかったので、都内のカフェめぐりと横浜に行くつもりだ。

b0367657_15281174.jpg
b0367657_15284140.jpg
まずは去年立ち寄らせて頂いたハンバーガー店で昼食。
店主に近況報告など。
店内のインテリアが、アメリカンヒストリーXに出てくるセットのようで格好いい。
レタスなんて挟まない潔さが素敵。

b0367657_15372696.jpg
横浜まで行き、本牧の店で服を購入すると「ハッピーハロウィン♪」と言いながら渡された飴がプラナリアにしか見えない。

b0367657_15365870.jpg
本牧をさらに下る。
中学生の頃からクレイジーケンバンドを好きな私には横浜は特別な地。

彼らが度々訪れるというピザやホットドッグが自慢のこの店、カプチーノはイマイチだった・・。笑



b0367657_15370689.jpg
赤レンガ倉庫の駐輪場に停め(関東には珍しく無料)、馬車道を歩く。
馬車道は地名ではなく愛称で、1920~1930年代の建物が多く軒を連ねる。
通りの商店街付近では街づくり協定を交わし、景観を守っているようだ。

都内在住時は、前述の通り横浜が好きで少なくともワンシーズンに一度は訪れていたが横浜スタジアムより西側をじっくり歩くのは初めて。

b0367657_15374163.jpg
横浜ベイスターズファンと言えば、都内で働いていた頃、横浜出身の同僚が私の持ち物にキャラクターのシール(ホッシーと言うそうだがもう居ないらしい)を貼っていたのでその愛着を感じていたが、敵地を踏んで地元の熱量を知る。
・・というのも、福岡ソフトバンクホークスと横浜ベイスターズは2017年の日本シリーズとやらで戦うらしい。
私は野球に関心が無いのでよくわからんが。


b0367657_15374973.jpg
人口400万弱の市にしては随分ボロイ、それに小さい横浜市庁舎。
それもそのはず、昭和34年に建てられたものらしい。
当時の人口は市のHPによると125万人で現在は約3倍。
歴史ある建物だが時代に沿っていないため、新市庁舎は馬車道駅そばに建設中で平成32年に供用開始らしい。


b0367657_15375718.jpg
日本大通りの名前の由来が以前より気になっていたが、江戸末期の大火災を経て、防火帯を兼ねた旧外国人居住地と日本人街を区別する街路として整備されたものだそう。
当時の日本の土木技術は夜明け前。
R.H.ブラントンというスコットランド出身の建築家によって設計されているためか、日本大通という呼称に反して純ヨーロッパ風の景観をしているのが滑稽だ。
彼の名前に聞き覚えがある人が居るかもしれない。
実は彼、ライダーには馴染みのある灯台の設計に数多く携わっている。

街路に落ちた銀杏の実はそのままで汚くなっているのが常だが、ここは市が力を入れているのか綺麗に掃除されてるのが印象的だった。

b0367657_15380445.jpg
関東大震災の復興シンボルとして建てられたアールデコ調の旧横浜商工奨励館。
ここでまた”日本大通り”という名がよぎる。
近代化のために、まずはヨーロッパの真似事。中国や韓国のパクリ製品をバカに出来ないかもしれない。

b0367657_15382092.jpg
こちらは中華街の関帝廟。
向かいの建物でクレイジーケンバンド、横山剣さんの母親がお店に立たれている。
中華街に来ると毎回顔を見に来るのだが、私が初めて来たのは6年前で、当初と比べると随分痩せられていて心配になってしまう。
長生きしてほしい。
b0367657_15382900.jpg
日が沈んだので夜景を撮影してみるも、撮り方がよくわからない。
満足したので都内へ戻る。

b0367657_15383796.jpg
夕飯はハンバーガー屋でおすすめされたカフェにお邪魔してみた。
店主の方もきさくで、初めて店を訪れた私にバイク乗りのほかのお客さんも話しかけてくださり楽しいお店だった。
東京にはこういったカフェがいくつもあって楽しい。



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-03 07:24 | 2017 バイク旅 | Comments(0)  

道志へ

朝は早起きして駐輪場へ。
久しぶりの20号線甲州街道から調布インターに乗る。
東京に住んでいた頃、20号線に比較的近い所にいたので懐かしい。
自動車の波に乗りながら進んでいくと、すでに足元では落ち葉がくるくると回っていた。

高速道路を相模湖インターで降りるとずいぶん冷えた。
出口で脇に寄せ、革ジャンにカッパを羽織り、連日の雨天を未だに引きずる湿った山道へ分け入る。
県道520号から76号へと移ったのだが、道幅は狭く険しい。
b0367657_13555535.jpg
山道がいっしゅん開けて道志ダムの堤頂になる、ここには見覚えがある。
確かぶらりと走ったことがあるのだ。

国道413号道志みち(どうしみち)に入るといくらか日差しはあった。
平日というのにバイクの台数は増え、ワインディングもそこそこあったが、オフロードバイク勢は滑らかに走り抜けていった。
b0367657_13560016.jpg
道の駅どうしにて、神奈川のW650乗り・しょうこさんと待ち合わせ。
一年と少し振りで、旅仕様だった短い髪は互いに伸びていた。
しょうこ号は大きな箱を外していたので、同じバイクにもかかわらずとてもこじんまり見える。

トイレとドリンク休憩のあと、ぼちぼち出ましょうとなりしょうこさんの食べたいほうとう屋に向かうことに。
ちなみに道の駅どうしは神奈川県相模原市から山梨県南都留(つる)郡道志村へ抜ける国道沿いに位置し、山中湖へ通じている。
紅葉シーズンのためか特にライダーが多かった。
b0367657_13561980.jpg
山中湖の向こうには富士山が控えているので、走っているとどんどん近付く。
138号にぶつかるあたりで道路工事をしていたため少し渋滞。
b0367657_13563386.jpg
ほうとう不動東恋路店に到着。
以前に、都内在住の学生時代の友人たちと来たことがあったが、しょうこさんのほうが初めてというので興奮気味(?)
ドーム状の変な形の店舗は多数の建築賞を獲っているそうだが、内装も外と同じ形をしている。
糸魚川の谷村美術館を思い出す。

人と居るときは一緒に食べることに価値があると思っているので、以前と同じものを食べてイヤダ云々というのは全く無い。
鉄なべで湯気立つほうとう。猫舌の私には油揚げとかぼちゃの煮物が爆弾に見える。

麺は食べ応えがあり、野菜もたっぷりで寒い時期にぴったりだった。
具材以外にも、野菜は煮崩れて汁に溶け込んでいるように感じて、飲み干したかったが量的に無理だった。
しょうこさんも私もキャッキャするタイプの女性ではないのだが、それでもやはり偶に同性の友人と行動を共にすることは楽しい。
前回に続き、御馳走になってしまいました。ありがとうございました。
b0367657_13564066.jpg
せっかくだから富士山を背景に、バイクの写真を撮りたかったので河口湖ブルーベリーの里へ入ってみると丁度良いスポットがあった。
今日は本当に快晴で、富士の冠雪した上部より裾野までばっちり眺望できる。
実はこれでしょうこさんと会うのは3度目だが、まともに一緒に映った(ツーリングっぽい)写真がほぼ無かったので撮影できて満足。

日差しのおかげで暖かくなってきたので、外国人観光客に紛れて平日の昼間からアラサー女はソフトクリームを食す。
※しょうこさんは職に就いてます、休みは交代制らしい。

b0367657_13564733.jpg
特に行きたい所なんかも決めていなかった私たちは、道の駅富士吉田へ。
コンクリート製のレーダードーム(笑)を眺めながら、ドッグランの犬と戯れる。
ここも以前来たような来てないような?記憶がある場所だったが、街からそれほど離れていない場所に突如現れる道の駅という印象だ。
背後にそれほど高くない山があり、それとは違う方向に富士山が見える。
どういう立地なのかよくわからない。


日が傾いてきて、私はある用事のためにしょうこさんを急かした。
宮ケ瀬湖をまたぎ、国道246号で別れた私たちは再会を誓い、保土ヶ谷バイパスなどを使い川崎駅へ。

b0367657_13565580.jpg
何のために急いでいたのかと言うと、映画を見に来た。笑
川崎チネチッタで、続編の公開を控え1982年のものだがリバイバル上映が行われていたのだ。
学生時代に教授に教わって好きになった映画のひとつ。ただのSFで無い所がいい。

寒い中、朝からバイクに乗っていたので睡魔に襲われるだろうと思ったが、久しぶりに見ると独特の世界観、登場人物の表情・音楽も官能的で惹きこまれるところが多く飽きなかった。
三つ隣の席に、暗転後駆け込んできた、当時青春真っ只中であったろう推定50代の会社員が居たが、上映後半は仕事の疲れか居眠りしていた。

----
今回のブログ、しょうこさんもまとめてくださっています。
うどん好きらしいタイトル。笑

ほうとうが美味しい季節です



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-01 07:22 | 2017 バイク旅 | Comments(0)