<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

開聞岳初登山の旅路その1

大型連休の前乗りで鹿児島は指宿まで行ってきた。

と言うのもYちゃんが福岡を出たあと順調に旅を進めて、開聞岳に登るらしいからだ。

私が鹿児島に一泊で登山しに行くと言うと、仕事に自由が利く父が「俺も行く」と言う。
翌日には旅館を押さえていた。
この親にしてこの子あり。

〜当日〜
福岡から開聞岳へはおよそ350kmの道のり、時間にして4時間半はかかるだろう。
登山は所要時間が4時間~6時間ということなので、日没時刻から余裕を持って逆算すると11時台には登山開始したいところ。
しかし初めて登る山なので、早い時刻に出たほうが良い。

朝4時に起きて5時には出発するとアナウンスしていたにも関わらず、5時を過ぎても準備が整わない。
どうにか出発。

b0367657_20594882.jpg
まずは九州道で一番大きいサービスエリアで朝食。
朝6時過ぎなので、うどん屋しか開いていなかった。
博多うどんとかしわ飯のおにぎり。
熊本の地震復旧作業が終わり、ちょうど明日から二車線道路が開通するという区間を抜ける。
ぐんぐん南下。
宮崎で働いていた時に、帰省するときは九州道を車で何度も走ったので懐かしさがこみ上げる。
最後に走ったのは約1年前。

b0367657_21210652.jpg
鹿児島県に入ると来年の大河ドラマ”せごどん”が乗っている。

9時前に桜島サービスエリアで再び休憩。
あいにくの曇り空で桜島はよく見えない。
ここの黒豚丼が安くて美味しいのだが、タイミングが合わなくて今回は食べられなかった。

小さい頃は親戚に連れられ、日帰りで鹿児島ぐらいまで行っていた記憶がある。

当時のことでよく覚えているのが、桜島サービスエリアでは桜島が噴火した時の火山灰をワゴンに入れて「ご自由にお持ち帰りください」としてフィルムケースが置いてあったのだ。
おそらく小学生かもっと小さかった私は、物珍しさで喜んで詰めて持ち帰ったと思う。

そして当時はサービスエリアと言えば、無料で九州の地図や折り畳み式のゴミ箱が貰えるスポットであり、ボタン操作でカップとお茶を出してくれるサーバーマシンが置いてあった。
サービスエリアという存在そのものが幼い私の好奇心をくすぐった。
自動車に乗るとどこまでも行けるんだと身体で覚えてしまったのは、この頃らしい。

そんな思い出の詰まった桜島サービスエリアをあとにし、鹿児島から指宿スカイラインへ。
ワインディングの連続する山道を、選手交代した父が駆け抜ける。

b0367657_21264494.jpg
海にせり出している、あの行儀のよいミント・タブレットか判子注射みたいなのは何だ、と思ったが喜入の石油基地らしい。
父は若い頃鹿児島を拠点に働いていたことがあるので、人よりも少し詳しい。

これは私の推測だが、キイレというのは鹿児島の苗字で聞いたことがある今給黎の大もとみたいなものだろう。
他にも鹿児島にはたとえば「姶良」と「吾平」のように同音異句的な地名がいくつかあるように思う。


b0367657_21402420.jpg

有料道路を降りると開聞岳はすぐそこ。
その前にせっかくだからと、池田湖の見えるスポットへ立ち寄った。

イッシーは意外と痩せていて意地が悪そうな顔をしている。

b0367657_21411713.jpg
向かいにオレンジの看板がまぶしい土産屋があったのだが、右側の営業をやめた風の食堂が気になってしまう。

土産屋の外に出ている看板によると、店内に”全長150cmを超える天然記念物の大うなぎ”があるそうだ。

店長と思しきおじさんに会釈を交わし、店内へ足を踏み入れると、生活の場だか店だかわからない雑然とした空間の奥に大きな水槽があった。
屈んで恐る恐る覗きこんだが、何も入っていない。

あら?と思い顔を上げると、背後にいたおじさんは、ガハハと笑いながら「大うなぎはビョーキになったんでさっき池に放した」と言う。
唖然としてしまった。
え、そんな貴重なもの放したの?というか、病気なのに池に放したの?意外すぎる返答にたくさんの疑問が浮かび、私の顔は呆気にとられていたことだろう。

「そうですか。。」

やっと絞り出した声は、案外と平静を装ったものだった。
多くの疑問が浮かんだが、それらは解かれることは無いと悟ったのだ。

b0367657_21510420.jpg
もう少し先にあった、いやらしい顔をしたイッシー(かなり大きい)

b0367657_21530838.jpg
振り返ると開聞岳


Yちゃんと待合せ時間を連絡しながら、開聞岳の手前のエーコープで食料を調達。
南九州に展開するローカルパン屋イケダパンの商品を買いたかった。
山頂まで取っておく。

いよいよ山麓駐車場でYちゃんと合流し束の間の再会を喜んだ後、両親は手を振りながら笑顔で出発した。
何でも「枕崎のカツオを食べるためだけに」付いてきたそうだ。

私はアシがないので下山後に合流する。

さて、私たちは薩摩富士を登ろう。







ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村


[PR]

by aroundjapan | 2017-06-17 08:49 | 二輪以外の旅行 | Comments(0)  

海岸線ツーリング

4月中旬の話。
----

おととし、小豆島のライダーハウスで知り合い、去年の北海道で仲を深めた日本一周留年生の(前置きが長い)Yちゃんが大阪からフェリーでやってきた。

去年の12月に私の神戸旅行で会って以来のYちゃん。
大阪で越冬しつつ大型二輪免許を取得し自動二輪も購入したのに、引き続き小型二輪スクーターで日本一周をするそうだ。
こう書くとYちゃんもすごく変態に思える。
私は至極まともな平々凡々ライダーだな。

九州初日は福岡のS君(ブログがはらほげ地蔵で止まっている人)と共に博多名物水炊きを頂いた。

翌日は、S君も仕事が休みと言うことで3人でツーリングへ。
天気が最高に良い。
Yちゃんは長崎方面に向かうということで、毎度のことだが私が先導しながら福岡を案内していく。

b0367657_20530410.jpg
まずは福岡タワー&サザエさん通り。
福岡タワーは臨海地域に建つランドマークタワーなのだが、Yちゃんがかっこいいと言ってくれて嬉しかった。

確かに形状的にかっこいいとしか褒めようがない。
青空の下で見上げるのも良いが、夜景が好きなら夕方から登ってみるのがおすすめ。
西に沈む太陽を背に、海岸沿いを走る都市高速道路が都会的で大好きな風景だ。


その手前に近年盛り上がっているサザエさん発祥の地がある。
サザエさんの作者である長谷川町子は戦後の福岡に住んでいて、”お魚くわえたどら猫”を追っかけたのがこの辺りの話らしい。
といってもこの場所は埋立地なのでもう少し市街地寄りだと思うが。

サザエさんは現在の福岡県で最大シェアを誇る西日本新聞の兄弟紙として刊行されていた、夕刊フクニチに初めて連載された。
時代は戦後。長谷川町子は以前に西日本新聞社に勤めていたゆえの連載だったとか。
以降、彼女の移り住んだ東京都世田谷区には記念館があるそうだが、長谷川町子はまさに福岡の産んだ漫画家である。

そんな福岡タワーの前でサザエさんのエンディングテーマの構図を演ずる。
わかりにくい。
ていうか私とS君は地元なのに少し恥ずかしいものがあるぞ。
私なんて十数年前は左奥に映っている図書館に勉強しに来ていたんだぞ……。

b0367657_20530496.jpg
西へ向かう。
渋滞しているのにカメラを向けるとガッツポーズを決めてくれるS君が好きだ。

b0367657_20530414.jpg
日が照ってきて暑いので、信号待ちでYちゃんにソフトクリームを食べようか?と提案してみる。
すると最高の笑顔で応えてくれた。
ここは福岡県西部では最も大きい道の駅的な名所。
地元の人ならすぐピンと来るはずだ。

あまおう苺のソフトクリームを頂く。
地元のバイク仲間は減ってしまったのに、Yちゃんのおかげでツーリングの休憩でソフトクリームを食べるという正しい楽しみ方ができて幸せ。

b0367657_20530533.jpg
晴れた海沿いは景勝。
都心部から30分も走れば青い海が広がっている福岡がやはり大好きだ。

b0367657_20530573.jpg
糸島の二見ヶ浦へ。
少し前まで伊勢方面でアルバイトをしていたYちゃんは、「地名と言い、夫婦岩と言い、そっくりやな!」と言っていた。
確かに。しかもこのあたりは志摩と呼んだりもする。
共通点ばかり。不思議に思って後で調べてみるとこんなページに行きついた。


寄稿者によると、夫婦岩は天孫降臨の舞台である対馬を模しているそうだ・・。

b0367657_20530551.jpg
行きつけの店でお風呂&アジ丼のセット。
東京で働いていた時は帰省時こちらで新鮮なイカ活造りをいただくのが、何よりの生きがいだった。笑

ご飯を食べ終えたらすでに3時近かったが、北海道の美瑛以来にYちゃんとお風呂。
天然温泉ではないが、時期がよければ波音を聞きながら風呂に入り、海に夕日が沈むのを鑑賞できるという極楽仕様。
そのまま昇天できそう。

これが東京ならば立寄り湯だけで千円は下らないだろう。
というか、地理的にこのシチュエーションは難しい。
日本海側に生まれて本当に良かった。

b0367657_21150680.jpg

b0367657_20530578.jpg
こちらの施設では宿泊・立寄り湯・お食事処をされていて、玄界灘に面した小庭が広がっている。
湯上がりに歩くと少し風があって気持ち良い。
植物と同化して自然に還ろうとするYちゃん。

Yちゃんは引き続き佐世保まで向かうので、そろそろお開き。
小型二輪のS君を置いて有料道路で市内へ帰りました。
300円ほどしかかからないが、下道で帰るよりさすがに早かった。




ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2017-06-10 08:12 | 2017 バイク旅 | Comments(0)  

石川県・和倉温泉のわくたま君

私のバイクの箱には、去年のバイク日本一周の際立ち寄った各地のステッカーを貼っている。

能登半島は石川県七尾市の和倉温泉で戴いたご当地キャラクター、わくたま君のシールが傷んでしまった…。

b0367657_10530474.jpg

温泉玉子のわくたまくんが、北陸新幹線から顔(身体?)をのぞかせている、現代を走るデザインがたまらない。
色使いも可愛くて相当気に入っていたので、綺麗に貼り直そうと思ったが紙シールなので難しそうだ。

その和倉温泉は、輪島のK君宅滞在の後に立ち寄った歴史の古い温泉地。


~ここから回想~

輪島からまっすぐ南下し、穴水の町を走り抜けた私は、海辺に出た。
ボラ待ち櫓を見ながら、ショートカットのために能登島大橋を渡り和倉温泉街に到着する。

旅で温泉地というと、地元民御用達の共同浴場に入るのが楽しみな私は、この日も共同浴場にやってきたつもりだった。

b0367657_17280657.jpg

しかしこの綺麗な施設は違いそうなので、道を間違えたのかもしれない。
共同浴場って、なんというか寂れたヤレた外観をしているのが通例じゃないか。

そう思い辺りをぐるっと一周したら同じ場所に出てきた。


b0367657_17401740.jpg
かわいいタマゴがこちらを見ている。
なんだこの子は・・。

とりあえずバイクを駐車して様子を伺うことにしよう。

b0367657_17432613.jpg
やはり和倉温泉 総湯と書いてある。
どうやら共同浴場はこちらで間違いがなさそうだが、なぜこれほど近代的な建物なのか。
疑問を抱いたまま、のれんをくぐるとフローリングの清潔で明るい空間が広がっていた。
440円でこの施設を使用してよいらしいので、躊躇いながらも入浴。

風呂も清潔だった。
しかし共同浴場をここまで綺麗にしてしまうとは!
やっと現実味を持って総湯を味わっていた。

湯上りに施設周辺を歩く。

b0367657_17450813.jpg
無料足湯の設置されている正面玄関のほうから入ると、明るいカフェのような空間が広がっていた。
照明や素材の使い方が洗練されていて、かつユニバーサルデザインで圧倒された。

b0367657_17533566.jpg
近くの小さいスーパーのような小売店で、輪島朝市でも食べたえがら饅頭の緑色と塩豆大福のようなお菓子を購入した。
小腹を満たすためにこちらの空間で腰掛けて、いただいた。


b0367657_18094373.jpg
温泉街の周辺を歩く。
湯元広場と言う場所にサギの銅像があるが、開湯に関係した伝説があるようだ。

b0367657_18163375.jpg
温泉熱で座面が温かいという「あったかベンチ」
座ってみると本当に温かかった。

b0367657_18170371.jpg
温泉(おゆ)かけ薬師如来 参拝する用のガラス張りなんだろうか。
意味がわからないところが楽しい。
b0367657_18113407.jpg
温泉街につきものの飲み屋。
通路に沿ってスナックが開店・・・まだ営業しているのだろうか。しぶい外観。


b0367657_18105710.jpg
さっきのタマゴ。
わくたま君と言うそうだ・・・!
見ているうちに愛着100パーセント。グッズが欲しい!
しかし一番グッズを取り扱っていそうな、こちらの店は本日休業。

驚くほど綺麗な公衆浴場のある和倉温泉を、わくたま君とともに広めたい!
そう思い知恵をひねった挙句、観光協会を訪ねてみた。

「わくたま君のシールは販売していませんか?」
と聞いたところ、「これならどうぞ」と戴いたのが冒頭のシール。


~~


そんなやり取りを思い出し、ダメ元で和倉温泉観光協会に、シールを送っていただけないかメールで問い合わせてみた。

すると以下のような返信を受け取った。

>お問い合わせいただき誠にありがとうございます。
>和倉温泉観光協会の××と申します。

>この度は和倉温泉わくたまくんのシールをご愛用くださいまして心よりお礼申し上げます。

>至急ヤマトメール便にて、シールを発送させていただきます。
>ご到着までもうしばらくお待ちくださいませ。
>(※今回はご愛顧に感謝いたしまして、お客様の送料のご負担は不要とさせていただいております)

>これからもわくたまくんをバイクで色々なところへ連れて行ってあげてください。

>またぜひ和倉温泉へもお立ち寄りいただけますこと、心よりお待ち申し上げます。


観光協会にメールを送ったのは初めてだったので、返信を頂いたことにも驚いたが「これからもわくたまくんをバイクで色々なところへ連れて行ってあげてください」という言葉に大変嬉しくなった。
観光協会のスタッフの方々が、本当にキャラクターを愛していると感じたし、その愛がいち観光客である私にもダイレクトに伝わって来たからだ。
これほど愛されているご当地キャラクターは他にないかもしれない。

メールの数日後、封筒が届いた。

b0367657_10530476.jpg


なんと手書きのお手紙入り。
折れないように挟んであるダンボールの梱包を解くと、シールだけでなくステッカーも入れてくださっていた。

ホスピタリティに感動した!
皆さんも是非石川県七尾市の和倉温泉に遊びに行ってみてください。
めちゃくちゃ綺麗な共同浴場に驚くはずです。


和倉温泉 湯を楽しむ
ホームページの写真にある、雪景色が素敵。
また行きたい!



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村


[PR]

by aroundjapan | 2017-06-03 18:26 | | Comments(0)