<   2016年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

104日目 稚内散策

おはようございます。

朝は晴れていた空も台風の襲来によりどんよりした色に。

b0367657_16154181.jpg


お盆にしては人通りの少ない道道106号を走る。
空は晴れず、こういう時は次の目的地だけが楽しみだ。

b0367657_16154148.jpg


こうほねの家にて休憩。
ハマナスの実が付いている。
生食はせず、ジャムなどにするそうだ。

b0367657_16154261.jpg

稚内に到着。
すっかり雨に降られてしまった。
体力回復に注文したスロッピージョーはあまりにも大きくて完食できず。

b0367657_16154223.jpg

お腹がいっぱいになり苦しい。
消化するため稚内の名所、北防波堤ドームを歩いてみたが満腹が苦しくて横になり天を仰いだ。

すっかり雨に降られているので稚内駅で雨宿り。
映画館も併設されているので驚いてしまった。


b0367657_16154210.jpg

稚内のゆるキャラ、出汁之介(だしのすけ)のグッズが欲しかったが今はゆるキャラブーム自体下火でストラップしか見当たらなかった。
ステッカーが欲しかったが取り扱っていないようだ。残念…。

出汁之介のテーマは、野生のゴマフアザラシが利尻昆布を食べ過ぎて身体に出汁模様が出てしまったということだ。笑

※画像はどこかのサイトから無断借用しているので問題ある場合削除します。

b0367657_16154302.jpg

売店で見つけたこのキャラクターも対岸のロシアを意識してか、マトリョーシカの色合いに似ていて地味だがかわいい。

ノシャップ岬のそばにある寒流水族館に行ってみたいが、今は夕刻。
天気予報がパッとしないので明日稚内を出てしまおうと決める。
礼文島に渡るのと合わせて次回に見送ろう。
台風なのでしょうがあるまい。

b0367657_16154366.jpg

今夜泊まるのは稚内の名物ライダーハウス、みどり湯。
銭湯が経営していて当然風呂も入れるのでありがたい。
バイクを止めた隣にBMWの古いバイクが停まっていた。

さっそく銭湯に入って頭を洗っていると、隣にいた年配の女性に話しかけられた。
今日は銭湯自体定休でライダーハウスの客しかいないはずでは?と驚いて話をしてみると、彼女は知る人ぞ知る有名人だった。スクーターで宮崎県から毎年夏に北海道に訪れる元気な80代の女性だ。
何度か取材もされている。

以前にインターネットなどを通じて知っていたので、ご本人に会えるなんてと思った。
しかもみどり湯で、お互いに裸だ。
「裸の付き合いですね」なんて満面の笑顔を浮かべられると自分の祖母を思い出すようだ。

b0367657_16154471.jpg


この宿では、夜は食堂にミラーボールが回り一人ずつマイクを渡し自己紹介タイムがある。
続いて、輪になって肩を組み、地元の誇る歌手・松山千春の”大空と大地の中で”を熱唱する。

そのあとはフリー雑談タイムへと移行するのだが、狭い空間に大勢いるのが耐えられないので外の喫煙スペースに出た。
するとティアドロップのサングラスを着用した車・バイク好きの男性と、先程のBMWの持ち主の男性が現れた。
車やバイクの話で盛り上がっていると、私たち3人は同じ年だということが判明した。
彼らは好きなことにかけてはかなりのマニアで、同世代とは思えないような音楽やバイクの趣味をしている。
私も通ずるところがあるのか、話をしていてものすごく楽しかった。



走った距離
鏡沼ライダーハウス→道道106号線→レッドバロンバイクステーション→デノーズ→北防波堤ドーム→稚内駅→ノシャップ岬→みどり湯
104km

使ったお金
セイコマ¥351
みどり湯宿泊+温泉¥1400
スロッピージョー¥1030

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)


[PR]

by aroundjapan | 2016-08-31 23:16 | 2016 日本一周  

103日目 オロロンライン

おはようございます。

b0367657_14250845.jpg


目覚めた道の駅にあるテーブルには雨ざらしの観光雑誌バックナンバーがあった。

軒下の近くで寝袋のみで寝ていたVTR乗りの男子と少し会話。
彼は早くに出発した。
後ろにつけたホムセン箱がずれていたので付け直し。
朝からDIYに励む。
ゴム部分をテープで巻いてナットを締め直したので以降はズレないはず。

b0367657_14250834.jpg


夕張のご当地キャラクター・メロン熊グッズのお土産屋。
9時の開店を待ってから入ったのに、ステッカーは在庫を切らして以降無いらしい。
人気なら再販せんかい!と思う。

b0367657_14250828.jpg


メロン熊は諦めてR452を北上。
同期の赴任していたシューパロの辺りはとても眺めがいい。

b0367657_14250977.jpg


夕張から富良野へ抜けた。
ホクレンフラッグをそろそろ購入せねばと思い、ホクレンSSを狙うも日曜休みだったり中々開いて無いため富良野にてリザーブぎりぎりの給油となってしまった。
富良野エリアは、前回4年前に北海道ツーリングした際も赤色のフラッグだった。
前回、調子に乗ってW650のサイドにつけた振り分けバッグに立てて走行しているといつの間にか紛失していて実にショックだった。
その教訓を踏まえて赤色のみ2枚購入。
基本的に旗を掲げて走るつもりはないが、車体色の赤ぐらい掲げてみようと気分が変わるかもしれない。

※ホクレンフラッグとは、北海道の農連(ホクレン)が経営しているガソリンスタンドで、毎年夏はライダー向けに地域別に色分けしたフラッグを販売している。
道北は青色、道央は赤色など全4色。隠しカラーもあるとか。
昔は無料だったそうだが100円になり150円になり、だんだん評判は落ちている(?)

b0367657_14250962.jpg


さて、富良野に来たのは札幌のバイク屋で教えてもらった白樺ジンギスカンと六花亭カンパーナ店のコンボを決めたいからだ。
この店は雰囲気がいいのにとにかく安い。
ジンギスカン180gで500円+ライス大180円で満足だ。
ラム肉はもう少し値が張るが、通常のジンギスカンで十分。

b0367657_15225518.jpg


お次はデザートタイム。
十勝岳を眺めながらウッドデッキで頂くのは、富良野の葡萄を使用したソフトクリーム(シャーベット状)と富良野店限定のふらの餅。
ソフトクリームは暑いからだが、ふらの餅は福岡の某梅ヶ枝餅と形状が似ていたのでこれはと思い、検証する。
結果的にはあんこが入ってはいるものの、ほとんど塩味しかしない腹を膨らせるお餅だった。なんなんだ…。

b0367657_14250926.jpg


ここで大きく軌道修正。
さてと、どこに向かおうとしているかわかるかな。

b0367657_14250914.jpg


北竜のひまわり畑で休憩。
北海道全域がそうなのだが、富良野周辺は特にお隣の国の人々が多い。
まだインバウンド需要とか騒がれる以前の4年前ださえ、富良野の富田ファームは私以外日本人が見当たらないほどだった。

お盆終盤に入りひまわりは枯れ始めていたが、ひまわりソフトが美味だ。
ひまわりの種の味がして香ばしい。
ビタミンEが豊富であると思う。

b0367657_16074036.jpg


ひまわり畑となんの関係があるのか。
何かの儀式が行われているような作品群とまんべ。

b0367657_14250966.jpg


ソフトクリームはとても美味しかった。
完食〜!

b0367657_16074199.jpg


無限エキノコックス。

海岸線の留萌に出て、何時間経っただろう。
天塩のキャンプ場兼ライダーハウス施設にチェックイン。
この施設はすぐ裏に天然温泉があってコンビニにも歩いて行ける好立地。

b0367657_14251039.jpg


荷物を置いてすぐ北の道道106号線に出る。
通称オロロンライン。
北海道ツーリングのハイライトというばここだ。
オトンルイ風力発電所。
今まで何度、雑誌や映像で見てきただろう。
ライダー憧れの地に来ることが出来た。
北海道に来た意味を、ほとんど達成したと言っても過言ではない。

b0367657_14251037.jpg


それも夕暮れの刻だ。
海を隔ててすぐそこにある利尻富士のシルエットも見える。
何度この美しい道路は朝を迎え、夕日を見送ったのだろう。
そのことを思わずにいられないぐらい、この地で見る夕日は特別なものだった。


走った距離
道の駅夕張メロード→メロン熊→R452→R38→R237→ホクレン富良野→白樺ジンギスカン→六花亭カンパーナ→R38→R275→北竜ひまわりの里→R233→留萌黄金岬→R232→ホクレン初山別→鏡沼海浜公園内ライダーハウス
387km

使ったお金
セイコマ スポーツドリンク、コーヒー¥300?
セイコマ コーヒー¥119
白樺ジンギスカン+ライス¥680
カンパーナ六花亭¥360
ひまわりソフト¥300
給油富良野¥1408
フラッグ×3¥450
給油初山別¥738
ライハ¥200

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-30 17:11 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

102日目 札幌マジックスパイス

おはようございます。

b0367657_23470764.jpg


朝起きたら宿のオーナーが何者かを始末していた。
見てはいけないものを見た。。

b0367657_23470819.jpg


と言うのは冗談で、朝からみんなで談笑。
平和なメンツで涼しい環境なので、ダラダラと過ごしてしまう。
カラスが来たのでエアガンで追い払っていたオーナー。
すごく声が良いが聞き役に徹する司会者みたいなオーナーだった。

b0367657_23470816.jpg


ダラダラしていてもしょうがないので、隼乗りのお兄さんとニッカウヰスキー余市工場へ見学に来た。
わずか15kmの道のりなのだが、午前9時過ぎ5号線の渋滞がひどく日差しが強いためトンネルで蒸し焼きになるかと思った。

b0367657_23470917.jpg


入場無料で資料展示はもとより、試飲も出来る(ノンアルコールはウーロン茶とりんごジュース有り)ため、友達に教えてもらったりんごジュースの炭酸割りを頂く。
隼お兄さんから日本一周のエールとしてチョコレートを戴いてしまった。
ありがとうございます。ちまちま食べます。

私は札幌へ、お兄さんは積丹半島へ向かうためここで解散。

b0367657_23470963.jpg


小樽は予想通り人でごった返し。
以前バイクで来た時は小樽港に到着して夜明け直後に楽しんだので、今回は素通り観光。

b0367657_23470928.jpg


昼過ぎにようやく札幌市内のバイク屋へ。
東京に住んでいた頃に世話になっていたバイク屋店主の元同僚と言うことで覚えていた。
エンジンオイルの交換に来たのだが、リアタイヤがあと1000キロ以内で寿命とのこと。
それはまずい…。

しかもお盆期間なので、タイヤの取り寄せと言ってもお盆明けの発注となる。
台風が近付いているとは言え、1週間どこにも行けないのは辛い。

店主の方が親身になってくださり、にりんかんとライコランドcubeが近場にあるので在庫があればここで交換してくれるとのこと。
電話で聞いてみると、にりんかんには置いてなかったためライコランドに聞くことに。
cube店は小規模店舗なので期待していなかったが、奇跡的に在庫があった。
しかもバイク屋さんの奥さんが車まで出してくださり、無事に購入・交換することが出来た。
準備不足だったが幸運だった。

そんなこんなで今も走れている。
前輪もまたその内交換だろうなぁ。

(株)ノースステーション
〒062-0020 北海道札幌市豊平区月寒中央通3丁目1−8 大井ビル 1F
011-852-1762
ホームページはこちら

b0367657_23470985.jpg


札幌と言えばスープカレー。
10年ほど前に木村カエラのファンで(今はどうなっているのかよく分からない)、当時の彼女のファッションに通じるものがあるこのマジックスパイスの店内。
確かブログで札幌の事を何度か紹介していて、この店のカレーよりもレジ横で売っている選りすぐりのグッズについて言及していた。

そういう記憶のあるマジックスパイス。
客としてスープカレーを食べていると、突然店主の方がやって来られた。
彼が札幌にスープカレーを広めた張本人だそう。
私が日本一周中と知るや気に入ってくださり、近々福岡への出店も考えているそうで縁あってレトルトのカレーやタオル、ステッカーと沢山お土産を持たせてくださった。

福岡に出店されたら絶対に行こう。
肝心の味はというと、薬草辛いという感じで辛いもの好きな私は好みだった。


店を出て秀岳荘というアウトドア用品店へ。
腕の日焼けが気になるので日除けカバーを購入。

b0367657_23471037.jpg

R274を東へ。
やっと北海道らしい道を走れて満足。
西陽で出来た自分の影を追いかけ続けた。

b0367657_23471067.jpg


途中で日が暮れた。
今晩泊まる夕張の街は、経済が破綻しているだけあって道の駅も普通のスーパー。
トイレも100メートルほど離れた立地で、来る人来る人トイレを見つけられずにいた。
果たしてこれを道の駅と言えるのか。

中心市街地には寄り付いていないはずだが、夕張に入った途端、日が沈んだせいか活気がなく暗いイメージだった。



走った距離
ライダーハウス渡どり哲也→R5→ニッカウヰスキー余市→ノースステーション→マジックスパイス→R274→道の駅夕張メロード
158km

使ったお金
ノースステーション オイル交換、タイヤ交換工賃¥11383
秀岳荘¥2854
マジックスパイス¥1330
ライコランドタイヤ¥12420


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)


[PR]

by aroundjapan | 2016-08-29 08:46 | 2016 日本一周 | Comments(2)  

101日目 ニセコパノラマライン〜積丹半島

おはようございます。

朝目が覚めると隣にいたYちゃんは、もう起きて携帯を触っていた。
仙台から来た学生の女の子と会話している。
ずんだシェイクを飲むためにパルコ前の駐輪場に停めるのが良いそうだ。

何となく会話を聞いていると目が覚めてしまったし、Yちゃんの出て行くのを見送ろうと私も起き上がって身支度を始めた。
学生の子を先に見送り、数分後にYちゃんは出て行った。

昨日の仕切りたがるおじさんが、その様子を見ながら偉そうに腰に手を当て、「いやぁスクーターでも結構速度が出るんだなぁ」なんて言ってやがる。
おじさんにありがちな思考回路と思うが、排気量の大きいのが偉いわけじゃ無いし優先されるべきでも無いと私は思う。
小型であちこち行く方が労力を使うだろうし、身体も疲れると思うから自転車やスクーターで日本一周する人を私は尊敬する。

ミシミシ言う廊下を行ったり来たりして、出発の支度が整った。
途中で干していたジーンズを履いてみたらまだ湿っていたので脱ごうとしたら、勝手に部屋を開けた客がいた。
教室を探検していたのかもしれないが、女子部屋とか明記されていないからこういうことが起こる。
全体的に掃除がなされていなそうなので、この施設を私はあまり好きになれなかった。値段相応なのかもしれないが。

オーナーの娘である奥さんが見送ってくださったが、なぜか仕切りたがりのおじさんも出てきていた。
ありがとうございました〜と奥さんのことだけ見て軽くお辞儀をした。
アクセルを吹かし出て行く私の姿を見て、おじさんはまた何か言っているのだろうか。まぁそれも地面から足を離した今は関係無い。

b0367657_17064323.jpg


真正面には頭に雲をひっかけた羊蹄山がいた。
向こう側にはニセコ山。
どんどん大きくなっていく。
思わず停車して写真に収めたくなる。

b0367657_17064418.jpg


羊蹄山の麓には湧き水をすくえるスポットがある。
業者かと思うほどバンに大きなペットボトルで詰め込んでいく人もいる。
ここで水を汲んで飲んでいると、車で来たご夫婦に話しかけられた。
北海道に入ってから友達と行動していたせいか、見知らぬ人に話しかけられるのは久しぶり。

b0367657_17064449.jpg


湧水ポイントの隣に高級豆腐専門店が。
数十種類あるだろうか、みんな試食を楽しんでいる。
湯葉が特に美味しかった。

b0367657_17064445.jpg


北へ向かえばニセコパノラマライン。
パウダースノーで海外のスキー客も大勢訪れるというニセコでさえ、こんなに暑くなるのかというぐらい暑い。
停車する時は日陰を求めてしまう。

b0367657_17064593.jpg


岩内の道の駅に到着すると、幼稚園ぐらいの女の子二人に話しかけられた。
同じパターンの服の色違いを着ている。
おそらく姉妹だろう。
ゼリーを分けてくれた。休憩がてらしばし遊ぶ。

b0367657_17064554.jpg


道の駅でご当地ゆるキャラ運動会で走るのが早かった記憶のある、たら丸のいる岩内。
シールを購入してコンテナに貼り付ける。

b0367657_17064506.jpg


シールが余ったのでまだそこにいた姉妹にあげると、早速服に貼りやがった。
使い捨てか…。

「それじゃ行ってくるぜ!(^o^)/」と言うと、「女の子は“行ってくるよ!”でしょう〜」と言われた。
その通りですね。

b0367657_17064597.jpg


R229を走り、いざ積丹半島へ。
まだ見ぬ土地にわくわくする。
神恵内という道の駅に入ると、ナマコらしきものが生簀の中で蠢いていた。

b0367657_17064650.jpg


積丹半島の中でも海に突出している神威岬。
世間はすでにお盆休みに入っているので、大賑わい。
何というか風情に欠ける。
地上の車や人の数と焼けるような熱気とは裏腹に、海は青く透き通っていてきれいだ。

b0367657_22184124.jpg


往復で歩き、身体を冷やしたかったので積丹ブルーをイメージしたというソフトクリームを購入。
ほんのりミント味だ。
味わう暇なく口の中に入れないと、どんどん溶けていく。

b0367657_17064677.jpg


さらに少し進んだところの島武意海岸にも降りてみた。
長い距離歩いた。
海のそばまで行けるが砂浜ではなく、石が多いので海岸としてはイマイチ。

夜は小樽のライダーハウスへ。
渡どり哲也というところ。
完全に名前で選んだのだが、内容やいかに。



走った距離
雪月花廊→R276→道道97→湧水の里→道道66→道の駅ニセコビュープラザ→道の駅いわない→たら丸市場→R229→神威岬→道道913→島武意海岸→R229→R5→神仏湯温泉→ライダーハウス渡どり哲也
233km

使ったお金
セイコマ そばおにぎりパン ¥495
道の駅いわないシール ¥160
たら丸市場 ほっけ定食¥800
積丹ブルーソフト¥350
道の駅ニセコビュープラザ ポストカード切手¥172
トマト・トマトジュース ¥250
ニセコステッカー¥440
給油¥1390 @128 積丹半島高すぎ
神仏湯¥440

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-28 10:27 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

100日目 進撃のまんべくん

おはようございます。

朝から長万部駅に行って、まんべくんグッズを購入するのにYちゃんに付き合ってもらう。

b0367657_10505536.jpg


(この時点では)平和な長万部駅。
北海道内で知名度の高い土地だと思うが、駅は小さい。

b0367657_11023372.jpg


まんべくんの登場まで30分ほどあるので、向かいの飯屋でカニ飯を頂く。
カニの身がファサーとしていて美味しい。
(まんべくんマスコットキーホルダーは買った)

その後駅のベンチに座って、待つこと数分。
背後に気配を感じた。


b0367657_10505645.jpg


そこにはまんべくんが立っていた。
驚いて二人で大声をあげて飛び上がる。
かなりホラー。

出だしからまんべくんらしさ全開である。

b0367657_10505648.jpg


記念撮影をお願いするとこの有様。
顔が見えない。。

b0367657_16273479.jpg


子供にも容赦ないまんべくん。
さらうな。笑

言葉は発さないが笑いのセンスは抜群。
男の子が、まんべくんの腹に顔を埋めてポカポカしながら「なぐって!なぐって!」というと少し考えたあと足を踏んでいた。
女の子も寄ってきたが、捕まえてブラブラしたあと下ろしていた。
女の子に優しい…。

b0367657_16273466.jpg


自分ちの駅を覗いて獲物を探している。

b0367657_16273515.jpg


獲物が見つからなくて暇らしい。
ダブルまんべ。

b0367657_10505683.jpg


一度消えたのでしばしベンチに座っていると、突然現れてベンチのYちゃんを押しつぶす。
関西人なことを察したのか、彼女がお気に入りのようで軽く嫉妬を覚える。笑

b0367657_10505773.jpg


まんべくんの興奮冷めやらぬ中、洞爺湖のサイロ展望台まで移動。
快晴で湖が真っ青。

b0367657_10505748.jpg


ぐるりと回って昭和新山。
なぜ、このような名前かと言うと昭和の時代に噴火によって出来た山らしい。
火山を体験できるコーナーもあったが、私は走って困憊しているため何も頭に入ってこない。

b0367657_10505859.jpg


Yちゃん馴染みの宿、雪月花廊に来た。
ここは小学校跡地を民宿のようにしている。
食堂も併設し、ニセコが近いため冬季にはスキー客が泊まるそうだ。
バイクを駐車するなり寄ってきた、常連ぶっているのか、仕切りたがりのおじさん(客である)にキレるYちゃん。

b0367657_16482744.jpg


私たちに与えられたのは図書室という名の女子部屋。
廊下をキックボードに乗って移動する。
羊蹄山方面に沈む夕日を見ながらお風呂に入ると、天井に若い薬師丸ひろ子のレコードのコピーみたいなものが一面に。
店主の趣味だろうか。


走った距離
道の駅あっさぶ→R227→R229→R277→R5→JR長万部駅・かなや→R5→R37→R230→サイロ展望台→道道578→132→703→昭和新山くま牧場→R453→R276→雪月花廊
244km

使ったお金
かにめし¥1080
まんべくんグッズ¥1075
駐車場¥200
シール¥324
セイコマ 夕飯パン¥511
給油¥825

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-27 12:06 | 2016 日本一周 | Comments(2)  

99日目 危険な参道、太田神社

おはようございます。

b0367657_09321517.jpg


セイコマ(北海道ご当地のコンビニ、セイコーマート)で朝食を買って食べる。
ちなみにこれは北海道発祥の焼きそば弁当。
よその地域では売られているのをあまり見たことがない。
実に北海道らしい朝を迎えた。

前回北海道に来た時もセイコマにはお世話になった。
調理パンなどが大きくて安い。
自社ブランドのコーヒー、カップ麺なども安い。
独自のポイントカードがあり、キーホルダーのようにつけられるので北海道ライダーにはバイクのキーとともに腰に下げている人も多い。

前回はまだ存在していなかったと思うが、100〜150円前後の価格の調理パスタ(通称100円パスタ)もお金のない学生や旅人には嬉しい。

b0367657_09321610.jpg


本日も晴天なり。
北に1時間ほど走る。

b0367657_09321690.jpg


日本一参拝しにくいと言われる太田神社。
Yちゃんは山ガールなので、ついつい標高を上げたがるらしい。
一人で待ちたくないのでついていく。

看板には以下のように表記されている。
”敷地内で発生した事故等については当神社では一切の責任を負いません。”
とても神社の言うこととは思えない…。

b0367657_09321763.jpg


スタート地点からこの急傾斜の階段。
ロープがないと登れない。

途中Yちゃんの仲間のミスター氏に出会い、登りはあと1時間半ぐらいかなと言われ、へこたれそうになる私。
Yちゃんにリュックサックを背負ってもらったので、登らざるをえない展開に。

b0367657_09321745.jpg


20分ほどで最後の鎖場に到着。
全然1時間半もないではないか…。

しかしここが試練。
本殿のある上まで5mほど垂直壁を登らなければならない。
Yちゃんに先んじてもらい、登り方の要領を掴む。
下を見ると怖い。

b0367657_09321717.jpg


無事登頂。
死ぬかと思った。
北海道って楽しいはずでは…?と何度問いかけたことか。

b0367657_09321892.jpg


上からの景色。
眺めなんかよりも、Yちゃんに忠誠を果たせたことが嬉しい。

下山は急傾斜のところを降りていくことになるので、ロープをつかむ場面が多い。
もし登ろうと思う方は、滑り止め仕様の軍手などあるといいかもしれない。

b0367657_09321886.jpg


昼間は江差町で追分会館に入り、追分など聞いた。
国内で一番になった経験のある方の生歌唱を聞くことができたが、暑気と登山後のダルさに包まれて眠気との戦いだった。

b0367657_09321843.jpg


b0367657_09321975.jpg


夜は北海道最古の祭り、姥神大神宮渡御祭へ。
道南の田舎町なのでそれほど混雑していなかった。


走った距離
道の駅ルート229元和台→セイコマ→太田神社→元和台で昼寝→江差郵便局、山車見て追分会館→蛾虫温泉旅館大成→姥神大神宮→道の駅あっさぶ
143km

使ったお金
セイコマ やきそば弁当、パン¥199
郵便¥1180
給油¥1123
セイコマ 焼きそば パン ¥514
セイコマ 三色弁当 そば¥606
追分会館¥450

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-27 03:59 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

98日目 アラサー女2人旅

おはようございます。

函館の老舗ライダーハウス・ミートハウスを出て、朝食はハセガワストアの焼き鳥弁当。

b0367657_22071178.jpg


朝から重たいように思うが、昨晩はほとんど食べていなかったためペロリといけてしまった。
キャラクターが豚なのは、焼き鳥と言いつつ豚バラを使用しているから。

b0367657_18210888.jpg


八幡坂で記念撮影。
観光客が多く、思うような構図で撮れない。
Yちゃんと2人で格闘したのち、私だけ周りに誰も入らずに撮影できた。
函館を掌握のガッツポーズ。

b0367657_22071202.jpg


快晴のR228を行く。

b0367657_22071283.jpg


当別のトラピスト修道院へ。
日本に二つしかない男子修道院だ。
ここで作られるバターは日本中で買うことが出来るが、高級品でとても美味しい。
中には入れないので入口まで歩いて行ってみた。
ここで作られているバターを使用したソフトクリームが、駐車場横の売店で売られているので購入。
濃厚でかなり美味しい。ビスケットが付いてくる。
気に入ったのでビスケットのみ実家に購入。

b0367657_22071215.jpg


福島町の青函トンネル記念館で、トンネルの掘り方と青函工事の苦労をYちゃんにもレクチャーしたあと、近くの横綱記念館へ。
実際に稽古をする土俵と、親方の座る座布団が置いてある。
でかすぎて横になって寝れそうだ。

b0367657_22071213.jpg


今年亡くなった九重親方の手形。
とても大きい。
九重親方の子供は3人ともモデルを生業としている。
親方自身もとても綺麗な顔立ちをしているためか、それぞれ目鼻立ちがはっきりしている。
ご冥福をお祈りします。

b0367657_22071324.jpg


運転していると暑いせいか眠くなる。
コンビニでスポーツドリンクと軽食にパン、あと北海道版の温泉博士みたいな雑誌HOを購入。

b0367657_22071344.jpg


北海道最南端・白神岬。
偶然通りかかったので寄ってみた。
Yちゃんはこのスクーターで関西から来ている。
ほんまにすごい。

b0367657_22071477.jpg


今日一日快晴だったので、夕日は空に見守られながら沈んでいく。

b0367657_22071403.jpg


沈みきった後に色を残す瞬間が一番美しい。
そこにこの地独特のアクセントを添えた。
漁火だ。
宇宙から見ると、真っ黒の日本海に幾つもの灯火が浮かんでいるのだろうな。

b0367657_22071454.jpg


二人で夕食を作ってベンチで食べていると、見慣れない歩き方の猫が…と思ったら狐だった。
近寄ると病原菌がうつるという。
食べ物の匂いに誘われたのだろう。
早速北の大地を感じた。
追い払って食事再開。



走った距離
ミートハウス→八幡坂→ハセガワストア→R228→トラピスト修道院→福島町青函トンネル記念館→千代の富士横綱記念館→白神岬→温泉旅館矢野(HO利用)→R227→R229→道の駅ルート229元和台
203km

使ったお金
トラピストクッキー¥488
トラピストソフトクリーム¥350
ハセガワストア¥445
セイコマHOドリンクパン¥896

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-26 08:45 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

97日目 はるばる来たぜ函館〜

おはようございます。

今朝は青森ねぶたテント村の締め。
午前最後のフェリーを押さえている。

北海道に渡るフェリー乗り場は目と鼻の先。
北の大地に渡るその前に、体と持ち物を清潔にしておこう。
朝6時から地元の高齢者御用達の、演歌が流れる銭湯にて身体を洗い、洗濯にも行って禊を行った。

バイクに戻ると、「がんばろう東北!」と書かれたステッカーがシートの上に置いてあった。
どなたかが置いて行ってくれたようだ。
1ヶ月以上に及ぶ東北逗留最後の日にこのステッカーを誰かにプレゼントされたことは、天からの贈り物のようにさえ思えた。
誰かの想いを受け止めて、一番目立つサイドケースに貼り付けた。

テント村に戻ったら、早くも外に出て撤収作業に入っているものもいた。
私の仲間たちはというと、半数が寝ていた…。
朝食のパンをかじり、ぼちぼち撤収作業に入ると隣で片付けていたTちゃんがふと私に向かって「寂しいね」と言った。
私も同感だった。

b0367657_21454538.jpg


つい1週間前まで存在さえ知らなかった人達だったし、そもそも私は一人で旅をしていたはず。
だが途端に離れ離れになるのは、やはり寂しいね。
でもこうして友達になれて嬉しいよ。

みんなに見送られてフェリー乗り場へ。
殆どの人が北海道に行くのだが。笑

b0367657_21044521.jpg


新たな旅の重要な相棒、北海道に通い続けて3年目のYちゃんとともにフェリーに乗り込む。
彼女も関西から日本一周中だ。

青函フェリーのいくつかある船体の中でも新しいものに当たったらしく、スタイリッシュで現代的なインテリアだった。
約3時間半、ブログを書いたりしつつ過ごす。

実は北海道には4年前にW650とともに来た事がある。
東京に住んでいたので、お盆休みを利用して新潟まで関越自動車道を自走し、新日本海フェリーで小樽港へ。
4日間北海道で過ごし、苫小牧から商船三井フェリーで大洗港まで戻ったのだ。
その時は時間がなかったので、行きたいところは山ほどあったのだが端折って回った。
多くの場所に足を伸ばしたが、観光はほとんどしていないように思う。

b0367657_21044505.jpg


その時から行きたかった場所の一つが、ここ函館だ。
横浜のような赤レンガ倉庫に、ほぼ市内のみで展開しているハンバーガーチェーン・ラッキーピエロ。
そして焼き鳥弁当で有名なハセガワストアを擁する街。

この店で遅めの昼食としよう。

b0367657_21044616.jpg


店内にはどこからツッコむべきか、強烈なインパクトのチラシが所狭しと貼られている。
Yちゃんとはねぶた祭りで合流したのだが、彼女は北海道が好きすぎて北海道→青森ねぶた祭り→北海道というルートを辿っている。
当然函館のラッキーピエロはもう死ぬほど食べているそうだ。

b0367657_21044629.jpg


なぜか店内の一部にブランコがあったのでそこに座り、人気No.1チャイニーズチキンバーガーのセットを注文。

私は米軍基地の周りなどに発達したハンバーガー屋という文化が好きだ。
それに加えてフライドポテトには目が無い。
このポテトはミートソースとチーズにまみれていて、イタリア料理のラザニアに似た味がした。
チーズもたまらなく好きなので、フライドポテトに関しては全く否定する場所が見つからない。
チキンバーガーも、カリッと揚がったチキンに甘辛風の味付けがなされていて美味しかった。

b0367657_21044609.jpg


函館山の夜景を見たかったので、Yちゃんの提案で小一時間の山登りをした。
気温が高いので、少し動くと汗だくだ。
夕焼けを頂上付近で見るつもりで登ったのだが、狙い通り綺麗な空を見る事ができそうだ。

b0367657_21044620.jpg


ほとんどの観光客はロープウェイもしくは登山バスで簡単に登ってきていた。
中国人観光客や家族連れ、またはカップル達の溢れかえる函館山山頂からの夕焼け空は、北の大地で初めて迎える夜の登場を鮮やかに彩った。

b0367657_21044763.jpg


ミニシアターにて四季折々の函館山からの景色という映像を鑑賞し終えると、スクリーン向こうの黒幕が開き、すっかり日の沈んだ夜景を魅せるという心憎い演出が気に入った。
函館山の陸地から突出している地理は、鹿児島の開聞岳と似ていると思った。
だが近くにこういった灯りの美しい街は無い。

b0367657_21044732.jpg


登山道はかなり暗いので登山バスにて降りる。
そしてまたラッキーピエロにてソフトクリームを食べた。
今日はシルク・ミックスソフト半額の日なのだ。


走った距離
青森ねぶたキャンプ村→青函フェリー→R227→ミートハウス→ハセスト→ラッキーピエロ本店→八幡坂→函館山登山→ミートハウス
20km

使ったお金
青函フェリー¥5000
給油¥1030
あさひ温泉¥450
ローソン¥456
ハセガワストア¥200
函館山お土産¥644
函館山登山バス下り¥400
ラッキーピエロソフトクリーム¥119
ラッキーピエロセット¥702
ラッキーピエロカレー・Tシャツ¥1404

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)

[PR]

by aroundjapan | 2016-08-23 11:18 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

90〜96日目 ねぶた跳躍記

ラッセラーみなさん。

青森のねぶた祭りに行く。
8月に入ったので、そろそろ動こう。

荷物を片付け、仕事に行くオーナーと弘前に向かうSさんを見送り、宿を最後に出る。

旅してからここに来るまでの道中に得た情報によると、青森ねぶたには旅人が属する跳人になる集団があるそうだ。
その集団の宿泊するテント村を青森市が提供してくれるらしい。
その場所へと向かった。

テント村へ到着する直前、パステルカラーのスクーターにみかん箱を載せた若い女性を追い抜いた。
なんとなく違和感を感じていると、関東のナンバーを付けたそのスクーターは私と同じ場所にたどり着いた。

テント村に着くと、秋田で一緒に走ったK君がすでに着いているという。
彼のテントは見つけたが留守のようだった。
少し奥まで歩くと上半身裸の男集団が顔を上げたので、反射的に反対方向に歩いた 。
控えめに言って、野蛮な男集団にしか見えなかった。

するとそちらに先ほどのスクーター女子が居たので、仲間を見つけたと思い、すがるような思いで話しかけた。

その女子はTちゃんと名乗った。
年は私の二つ下で素直でとても可愛い性格をしている。

それからK君の仲良くなった日本一周の人達や自転車乗り(通称チャリダー)、ヒッチハイカーなども合わせてツルみ始めて、最高に楽しい毎日を送った。


跳人の衣装を購入、後から来られた常連の女性たちに着付けも教えていただいて参加。

b0367657_22391460.jpg


初期に仲良くなったメンバーで。
このあと知り合い同士呼び集めて大人数になってしまったので、名前を覚えるのも一苦労。


朝目覚めてテントから出ると誰かしら、おはようと言ってくれる。
どこかに出かけるときは見送ってくれたり、風呂やご飯に出るときも気の合う仲間と一緒に。
時には一人で行ったりと勝手気まま。


b0367657_22391478.jpg


昼間は青森県立美術館など、近場に乗り付けて観光。
奈良美智の大きな犬は見たかったので、見ることができて嬉しい。

b0367657_22391543.jpg


夜は夜でねぶた祭りをサボって、ちゃっかり五所川原の立ちねぷたを鑑賞。
建物からの出陣が見れて感動した。
さらに地元の輩出した吉幾三先輩も登場。
場は一気にヒートアップ。
見上げる高さのねぷたが練り歩く。


ツルんで竜飛岬に10台12名でツーリングにも行った。

b0367657_21502218.jpg


b0367657_21502332.jpg


この日はTちゃんを後ろに乗せて、竜飛岬まで全員で。
みんなで階段国道を上から下まで往復したり、SくんとFくん・Tちゃんと私は青函トンネル記念館を見たあと、竜泊ラインで夕日を見ながら走り、十三湖から五所川原に抜けて焼肉を食べた。
友達同士で過ごす普通の休日みたいで楽しすぎた。
素晴らしく贅沢な休日だ。

b0367657_22391516.jpg


7日の最終日は埠頭で花火が上がり締めくくり。
みんなで買い出しに行き、フェリーターミナルに集まって鑑賞した。
今年初めての花火だった。
ついに1日も雨に降られなかった。

胸に響く破裂音は、私たちにとって短い夏の始まりの合図だ。


明日は北海道に渡る!



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)


[PR]

by aroundjapan | 2016-08-22 15:18 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

89日目 釣り日和

おはようございます。

昨晩もライダーハウスへ戻ると、女性メンバーが登場したからか宴となった。

今朝はそのSさんの提案で八戸朝市へ。
Sさんはオーナーを、私は目覚めの悪いヤギ兄の布団を剥いで起こす。

ヤギ兄の運転で八戸の館鼻岸壁漁港。
1時間遅いスタートとなってしまったが、朝市はバリバリ大盛況。
海の上には数えられないほどのイカ釣り漁船、港には車が所狭しと詰め込まれていた。
なんとか車を停め、人波をかき分けていくとテントがずらりと並んでいた。
4人で逸れないように進んでいく。
筋子やウニ、ホヤが安く売られていた。
まだ朝7時を回ったところだと言うのに、年配の方だけではなく子連れの親子姿も目立つ。

b0367657_00385374.jpg


活気がある。八戸の皆さんは早起きらしい。
軽トラで岩手や山形からも出店しに来ているようだったが、朝何時に出てきているのだろう。

b0367657_10234408.jpg


歩いていると、向こう側から何某かのキャラクターがお買い物中ですか…顔に八戸と書いてある。

b0367657_10234427.jpg


続いて蕪島へ。
この間ウミネコの糞被害を懸念し、素通りしていたのでまた来れるとは思わなかった。
階段の上には神社があったそうだが、火事で焼失してしまったそうだ。

貸出用の糞よけの傘を差して階段を上がって見て回る。
そこら中でウミネコがワァワァ鳴いていた。

b0367657_18174674.jpg


b0367657_18174717.jpg

お腹が減ったので三沢駅へそばを食べに行った。
駅そばと言うのでJR駅構内にあると思ったが、隣の十和田観光電鉄という私鉄の廃駅内で営業していた。
剥落してヒビの入ったコンクリート、古ぼけたプラスチックに丸っこいフォントの看板。
これをレトロと言わずに何と言う。

そばは良心的な価格で、店内は賑わっていた。
駅を利用しない市民にとっても重要な場所であるようだ。
それにしても、廃駅にこの店舗だけが残っているというのも面白い。

b0367657_09074978.jpg


一旦三沢に戻り仮眠したあと、ヤギ兄が迎えに来てくれて釣り堀へ。
ヤギ兄とは年齢も近くて、話しやすい。
八戸出身ではあるものの、各地でいろんなものを見てきているから周囲に埋もれずに向上心を高く持っているところが尊敬できる。

b0367657_09074990.jpg


午後からはヤギ兄の釣竿を借りてニジマス釣りをする。
釣り針にも種類があるらしく、石ころに顔がくっついたような針が可愛らしい。

b0367657_09074933.jpg


他にもいろいろあるよと見せてくれた。
カラフルでどれにするか迷うが、初心者の私に扱えるものは限られているので指示に従う。

b0367657_09074930.jpg


さあ、いざ釣ろう!
釣りは人生で3回目かな。
職場に海釣りが趣味の人がいたので連れて行ってもらった。

釣り堀は小さい頃家族で行った記憶があるが、まともに釣るのはこれが初めてだ。

釣果は刺身にできそうな大きいものが2、3匹。焼き魚サイズが10数匹。
ヤギ兄のアドバイスのおかげか、バンバンかかる。
それでも目の前にある状態でバレることもあるので、ギリギリの状態が楽しい。
夕方、終了の鐘がなるまで投げ続けた。
結果としては、入場料の元は取れたそうで良かった。

帰りに、ヤギ兄が「青森にキリストの墓があるよ」と言うので疑いつつも連れて行ってもらったら本当にあった。

b0367657_09074918.jpg


キリストどころか弟のイスキリの墓もあった。
丁寧にも石がお礼を述べている。

しかしキリスト教の学校に通っていたが
そんな名前は聞いたことがないなぁと思う。
その上、案内によるとイエス・キリストは100歳まで生きたそうだ。
紀元前にそこまで長生きできるわけない。。
ヤギ兄とは、同姓同名を語るものか、同じような外見の外国人がいただけのことでは?という結論になった。
あまり責めると青森県民がかわいそうなのでこの辺にしておこう。

釣った魚を持って帰ると、小川原湖に遊びに行っていたSさんとオーナーが協力してイカ飯を作ってくれていた。
オーナーは圧力鍋を使いこなしていて、料理がうまい。
彼の作ってくださる、あらゆるものがとても美味しかった。

今夜は小雨が降っている。
ガレージでバーベキューをした後、さらに楽しもうとする貪欲なSさんの要望により八戸三社大祭前夜祭へ。

b0367657_18174716.jpg


前夜祭では団体ごとの山車が、市役所前の広場に集まっている。
子供達が主役の行事らしく、太鼓に合わせてメガホンを持って叫ぶように掛け声を上げている。
小さい子では3歳ぐらいから。どの子もとても元気が良い。

山車が動かないのは残念だが、演出の迫力はなかなかのものだった。

就寝前に釣ってきた何十尾のニジマスの内臓と血合いを取り、ラップに包んで冷凍。
釣ってから食べるまでの行程を体験して、命に感謝した。

最後まで運転手をしてくれたヤギ兄ありがとうございました。


釣った魚最大
51.15cm

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-08-21 18:17 | 2016 日本一周 | Comments(4)