<   2016年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

停滞中の諸々

ご無沙汰してます。

都内にて停滞中の出来事。

b0367657_22485310.jpg

まず、作れる日は毎朝、居候している弟のために朝食を作った。
作ったと言うほどの物でもないけど…

b0367657_22531086.jpg



地元の企業、山口油屋福太郎の最高傑作、めんべいを配って回った。
めんべいは、特産の明太子のみならずイカやタコを練り混ぜ焼き上げた少し辛口のおせんべい。
甘ったるい銘菓とは違い、あとを引く味付けで酒飲みにも受けること受けること!
ロゴマーク入りの紙袋を提げて渋谷を始めとする都内を歩いた。
(スポンサーについてくれないかな)

明太子という名産品は単なる食べ物と言うよりは、福岡の誇るべき文化であり、考案者である ふくや創業者川原俊夫氏が製造法を公開する事によって数々の業者が切磋琢磨、味を研究し今のスタイルに至るというわけ。
現在では200社以上の会社が明太子を販売しているそう。
ソウルフードなんて言葉があるけど、本当の意味で此処までソウルが込もった食べ物はあまり聞いた事がない。

弟の家の周り散策。
b0367657_22485392.jpg

紫陽花が咲き始めていた。

b0367657_22485358.jpg

行ってみたかったお店。
ハンバーガーショップが正しいのか。

見た目はイカツイ感じの店主。
会社員を辞めて店を立ち上げた彼に、これからの自分の指針となるような珠玉の言葉をいくつも頂いた。
初見なのに、頼れる兄貴のような存在。

b0367657_22485360.jpg

シンプルなハンバーガーと辛口のジンジャーエールが彼の生き様を物語っているようだった。
そんな生き方を私もしたい。

こういう雰囲気が好きな方はバイク乗りでなくとも、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
Detroit Meat Choppers

b0367657_22485478.jpg

前職場の方たちと会わせて貰った。
皆さん本当に暖かく迎えてくれて、感謝しかありません。
話してみたかった人とも沢山話せて嬉しかった〜。
改めて良い職場だった!!

b0367657_22485407.jpg

同級生の友達と友達になった。

b0367657_22485456.jpg

住んでいた頃からお気に入りの横浜。

b0367657_22485448.jpg

ある日、バイクで伊豆へ。

b0367657_22531138.jpg

伊豆山神社、曇天。

b0367657_22531129.jpg

宇佐美海岸にてサーフィン観察。
ここに滞在したい。
夫婦で釣り船出してる方がいたので、クーラーボックスの中を見せてもらったら金目鯛、アカムツ(関東ではのどぐろ)などが入っていた。
引き揚げる際、気圧の変化が大きいので目玉が飛び出てた。

b0367657_10390863.jpg


帰路は十国峠、箱根ターンパイク〜西湘バイパス経由で。
お天気が微妙で肌寒かった。
ご当地コーヒー牛乳と箱根の黒たまご。
何気に、黒たまごは初めて食べたが割れた物を安く譲ってくれた。

事情がありレンタルバイク二台で行ったのだが(私はCBR250)、SS面白いよね。
ダブルとは全く別の乗り物として楽しみたい。小排気量なら欲しい。

b0367657_10390899.jpg

SSなんて滅多に乗らないので、やたらカッコつける。
それにしてもこのCB派手じゃないか…
誰が買うの。

走った距離
300ぐらい?

にほんブログ村 日本一周(バイク)


[PR]

by aroundjapan | 2016-05-30 22:51 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

防水カメラ

日本一周とは関係ないお話。

海が好き。
海辺の生き物や、岩礁や貝殻を見るのも好き。
海辺の地層に大地の鳴動が生んだ日本列島を感じられるし、生命の生まれた海には太古より不思議な生き物が蠢いている。
その不思議さたるや、靴を履いたまま入っていける範囲でさえ十分に味わえる。

もともと地元の福岡は自転車で行ける範囲に海がある街だが、海自体はそんなに綺麗な感じではない。日本海側なので学生時代は海に沈む夕日を見に、学校帰りにチャリでバイクで、港へ通ったけれど。
海そのものを観察するようになったのは、東京に住んでいた頃、サーフィンを始めたことや宮崎の日向など海が綺麗なところに住んだのがきっかけ。

私が旅に持ち出したカメラは、RICOH WG-5 GPS

b0367657_17195487.jpg


いわゆる現場カメラで、自分で購入するとそれなりに値段が高かった。
4年前の北海道ツーリングでRICOHのカメラを水没させてしまったのが教訓。
防水なのと、ポケットに入るサイズなのが気に入った。

画質は悪くない。
eye-fiカードっていうSDカードを使うことで、Wi-Fi経由で画像を携帯に移せるようにした。
旅に出てから必要性を感じたが、店頭ではなかなか見つからず、Amazonのコンビニ受け取りサービスで購入。

水中でも撮影出来るようなので、試しに撮ってみた写真たち。

b0367657_17195411.jpg


b0367657_17195491.jpg

サザエ。
動いている

b0367657_17195481.jpg

ハゼ?

b0367657_17195484.jpg


b0367657_17195462.jpg

ウニに、持っていたパンを千切ってあげたら食べた。
パンは海老や蟹に人気。

b0367657_17195548.jpg

ウミウシ。
3000種以上存在するという。

こんなに身近に人間以外の大小あまたの動物が暮らしている世界は興味深い。

日本はどの地方へ行っても大体海があるので楽しみ。

にほんブログ村 日本一周(バイク)

[PR]

by aroundjapan | 2016-05-27 16:33 | 2016 日本一周(準備編) | Comments(0)  

17日目〜 停滞中

おはようございます。

金曜日の朝は、生まれて初めての犬の散歩体験!

b0367657_10105672.jpg


小さい頃から犬を飼いたかったけれど、実家はマンションでなかなか飼える環境ではなかった。
街中なので自動車などの危険も多いしね。

b0367657_10105675.jpg

いろんな植物の匂いを嗅いだり、マーキングしたりと犬を眺めていると飽きない。
来客にも愛想の良いこの子は、ずっと私の手を舐めてくれた。
お手やゴロンなどの芸も出来る頭のいい子!

先輩は仕事へ向かったので、奥様の案内で日本平へ。
生憎の曇り空。
せっかく静岡にいるのに、その間富士山はほとんど見えなかった。

b0367657_09021161.jpg

欲しがる子。その表情堪らん。

帰ってきて、家の周りで育てている植物や魚類の観察。

b0367657_10105695.jpg

この葉っぱ、何を向いているんだろう。とても不思議。

b0367657_10105631.jpg


この辺は先輩がチマチマと集めてきて育てているそう。
売り物より立派!とてもすごい!

名残惜しいけど首都圏へ向かう。

翌日のランチ
b0367657_09021141.jpg


辛いものは割と好きだけど、このつけ麺、むちゃくちゃ辛かった。

日曜日はキャラバンなどが出演する音楽フェスへ。

さらに月曜日。
弟が休みなので二子玉。

b0367657_10105697.jpg

ポテト傘!

b0367657_10105654.jpg

野菜多めランチ。

b0367657_10105639.jpg

夜。親戚と古民家カフェへ。
親戚のおばさまは、大正生まれの女性なのに賢く社会的に貢献されていて学生時代から憧れの存在!

b0367657_12273785.jpg


店内。元は昭和初期に造られた蕎麦屋だそう。

b0367657_10105737.jpg

現代では無駄とも取れる窓辺の装飾などが美しい。

b0367657_09021112.jpg

夜は銭湯。
清潔だが全体的に普通。

移動距離
清水→横浜
東名利用 156km
現在都内にて停滞中。

使ったお金
高速料金
ごはん類
お土産 ¥
銭湯 ¥460

にほんブログ村 日本一周(バイク)

[PR]

by aroundjapan | 2016-05-24 09:23 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

16日目 静岡は広い

おはようございます。

浜松市内、快晴。
歩いてモーニングへ。
b0367657_18591626.jpg


地元ではモーニングという習慣は無いが、朝ごはんをしっかり食べるという意味ではあえて旅の間に必要な事かもしれない。

浜松から御前崎へつづくR150

b0367657_17172473.jpg


天竜川にかかる橋。

しばらく、大きくて広い荷台の車のうしろを走っていた。

b0367657_17172449.jpg

バイクごと荷台で運んでくれたらラクなのだが。

b0367657_17172420.jpg


途中、道の駅にてビタミンCを摂取。

清水で昼食にするつもりが、お腹がもたず焼津のハンバーグレストラン、さわやかへ駆け込んだ。
静岡のご当地レストラン?
とにかく来たかったところなので嬉しい(^o^)

b0367657_18591680.jpg


嬉しさのあまり写真を撮るのを忘れて、食べかけ。

b0367657_17172436.jpg

食後に飴玉いただいた。

海辺をひた走る。

三保の松原は、以前来た時と同じくほぼ富士山が見えなかった…

家族と電話したり、ブログを書いて時間を潰す。
ふた月で日本一周した友達が言うには、走り通しでバイクに乗るのがルーチン化して辛いとの事だったが、今のところ適度に気分転換しながら楽しんで乗れているので問題無い。
雨の日ほぼ走っていないし。
ところで今日は静岡を一歩も出てない。
県を跨がない日は久しぶりかな。

b0367657_17172425.jpg

宇治抹茶ソフトが濃くて美味しい。


先輩夫婦に静岡の海の幸をご馳走していただきました!

b0367657_10144558.jpg

マグロの生ハム。
まるでハムだった!(゚Д゚)

b0367657_10144541.jpg

桜海老

b0367657_10144564.jpg

お刺身。美味しい!

ということで、今夜は会社の先輩宅にお邪魔させていただくことになり歓喜!!
ありがとうございます!

走った距離
R150→三保の松原→清水市内


使ったお金
モーニング¥550
さわやか¥907
カムカムドリンクなど¥1280

にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-05-19 18:44 | 2016 日本一周 | Comments(2)  

15日目 名古屋

おはようございます。

同期夫婦のお宅にお邪魔して、焼き魚とお味噌汁とご飯というすごくしっかりした朝食を頂きました。
同郷なこともあり寛げました。
ありがとうございます。
今度はお土産を持って伺おう。

b0367657_18312116.jpg


9時過ぎスタート。
四日市の空。

名古屋まで走って、昼食にラフターズ。
浅井健一の行きつけよ。

明日来る時ラフターズでチリドッグとメロンソーダ買って来て
ハラペーニョトリプルで わかった? 忘れるなよ


チリドッグもメロンソーダも無いようなので、本当は行きつけというわけでは無い気がする…
だが3年前も、名古屋市内にある別の店舗に伺った事のある私にとって、名古屋で知っている場所と言えばここだけかもしれない。

b0367657_18312138.jpg


とろけるエッグトマトドッグ。
スイートチリが肉と合っててうんまー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆←なにこの顔文字なんか放出してる

オーナーの方と話が盛り上がり、気付けば2時間近くいたような。
オーナーさんの名古屋訛りが浅井健一と重なってしまい、一人プチ興奮した。笑
社会人になって以降、好きな物や人は集まっていくなと感じる。

そのあとは海辺を走りたいと思い、西浦温泉というとこへ。

b0367657_18375237.jpg


こんな景色が愛知県に広がっているなんて、誰が想像しただろうか。
後ろに広がる三河湾。
ここから国道をひた走り、この気持ちいい景色は間もなく終わってしまうのがもったい無い。

蒲郡を通過し、道の駅田原めっくんはうすで休憩したあと、伊良湖岬へと向かう。
めっくんはうすというふざけたような名前は、おそらく名産のメロンから来たのだと思う。

突端の道の駅に着いた。
ずいぶん走った割には名物の大アサリを食べられる食堂は終わっているし、ご当地ステッカーも販売していないとのこと。
がっくし。
仕方ないので灯台だけ見に行く。

b0367657_18312272.jpg


灯台に至る道が山をぐるっと囲んでいて、釣り人が良さそうなスポットを探すため周囲を回遊していた。
観光地として大して宣伝されていない岬という印象で、訪れる人はほとんど釣り人だと思う。

浜松のレストランを経営している方が、ご好意で寝場所を提供してくれるとのことで伺った。

b0367657_18312258.jpg

道中、夕陽がこれまでの旅でもっとも綺麗だった。
田植えの時期だもんね。
宮崎では、すでにいくらか成長している頃だろう。

浜松に着いたあとコーヒーをご馳走になり、自転車を借りて散策。

b0367657_18312210.jpg


私もお世話になった予備校。
名古屋が本拠地だっけ?
何故こうなったのか、とてもスタイリッシュ。

b0367657_18312259.jpg


コーヒー屋さんはお休みのようだった。

銭湯に入るも、番台さんが男性で驚く。
しかも低い位置にいるから向こう側が丸見えじゃ無いか…
用事を済ませ、そそくさと出る。
夕食はこれまでに無く豪華なものになってしまった。
美味しい食事はやはり1人ではなく、人といただきたい。
家族や友達など、大切な人と食べるご飯が一番美味しい。

b0367657_18312246.jpg


朝、お店の前で。
オーナーさんありがとうございました。

走った距離
桑名→ラフターズ→西浦温泉→R23.R259→伊良湖岬→R42→R1→ビストロヒルマン
計257km

使ったお金
お土産等¥600
飲食¥6000
銭湯¥400

にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-05-19 17:38 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

14日目 長い一日

おはようございます。

朝起きて、バイクカバーを乾かしたり支度していたら自転車で日本一周してる名古屋の男子が見送りに?出てきてくれた。
少し二度寝したので出発は7時前。

今日は和歌山県を反時計回りに進み、高速道路の無料区間を通って愛知県ぐらいまで抜けたい。

以前行って海がとても綺麗だったので、もう一度行きたかった伊勢・志摩については、そちら側から来た人にサミットの影響で検問がすごいと聞いたのでスルーする事にした。
伊勢神宮で写真を撮ったら、警察が必ず映るほどいるらしい。
要人警備が大変なのは分かるけど、そんなんじゃ心底楽しめないからまたサミットが終わってから来たい。

b0367657_07384413.jpg

荘厳。

今日ひとつめの見所は那智。
東に流れる雨雲のスピードを追い越したのか、途中から雨に遭う。
霧の覆う山を目指して走った。

b0367657_07384442.jpg


日本一の高さ133mを誇る名瀑。
見た目もさることながら音もすごい。
この勢いの水流で相当な電力を作れそう。

滝を見た後、石段を登ると熊野那智大社がある。
中国人観光客ばかり。
なぜか彼らは日本人には考えられないぐらい朝早くから観光地にいる。
バイク乗りだと分かるかも知れないけど、営業時間のあまり関係ないようなスポットには混雑を避けるため朝早く着くようにする。
すると最近出くわすのが中国人ツアー客。
彼らは何時に起きて何時に出発してるんだろう。

b0367657_07384574.jpg


せっかくここまで来たので交通安全ステッカーを購入。
参道から降りるときに耳の聞こえるフリをする土産物屋のばあさんにトケイソウが綺麗だよと話しかけられた。
案の定那智の黒石を使った数珠を売りつけられそうになったのでお断りした。
安っぽい感じだったが原価はいくらなんだろう。
降りて名物の黒飴ソフトを食べる。黒糖味?けっこう美味しい。

続いては三重県に入り、道の駅紀北町ウミガメ公園で昼ごはんを蓄える。
あとご当地コーヒー牛乳。笑

b0367657_09422054.jpg


b0367657_09422084.jpg


ちゃんとウミガメもいる。


世界遺産・鬼ヶ城。
b0367657_09422035.jpg


徒歩で峠を登ったり降りたり、やっと弓なりの砂浜が見えた。
天気はまだあまり良くない。

b0367657_09422095.jpg


降りるときイノシシの足跡を見つけた。
道中、一組の夫婦としかすれ違わなかったので動物と出くわさなくて良かったと思った。

その後はひたすら国道42号を北東へと進む。

マンボウの(食べれるらしい)道の駅
b0367657_09422019.jpg


怖い。

眠気に襲われながらも、松阪へ
b0367657_09422091.jpg


松阪といえば牛肉!
お店の方々に日本一周してるの?と言われながらコロッケとメンチカツを注文。

b0367657_09422041.jpg


久しぶりに見た気がする夕焼けは一段と美しかった。

桑名で温泉に入りネットカフェに泊まろうと思っていたら、会社の(元)同期が泊まってもいいよとの事だったのでお世話になる。
当日連絡したのに快く迎えてくれた。
紀伊半島の東側に来てからというもの、気温が下がったような気がしていたのでキャンプは避けたかった。

b0367657_09422052.jpg


長島オートレストラン(長島スパーランド?)で食事と温泉をいただきお家へ。
オートレストランって食べ物の自販機がたくさん置いてあるやつかと思って、ワクワクして行ったら違った。
12時間以上、山登りかバイクに乗っていて夕方からは風も強くなりくたくた。
温かいお布団でよく寝れました。

走った距離
和歌山県田辺市→R42(紀勢自動車道無料区間併用)→松阪→R23→R306→広域農道フラワーロード→R1→長島温泉→桑名市内泊
376km

使ったお金
ステッカー¥300
ソフト¥300
寿司等¥460
コロッケ¥240
温泉¥550
夕食¥680


にほんブログ村 日本一周(バイク)

[PR]

by aroundjapan | 2016-05-17 20:20 | 2016 日本一周 | Comments(2)  

13日目 串本雨中公園

朝っぱらから高速道路で靴下を乾かすためにはためかせていたのは私です。
時々飛んでいかないか、バックミラーで確認するけどね。笑

b0367657_22495532.jpg


和歌山の白浜海岸千畳敷に来た。
自然が作ったとは思えない完璧な互層に興奮。

b0367657_22495586.jpg


凄すぎる。
和歌山県といえば宮崎と同じ四万十帯。
似た層が見られるのも当然の事だ。

もはや海よりも互層メインの写真を何枚も撮影した。笑

昼から雨なので、ゲストハウスに早い時間からバイクを停めさせてもらい電車で串本海中公園へ行く事にした。

b0367657_22495540.jpg


さすが和歌山アドベンチャーワールド。笑
で、普通列車でゴトゴト着いた駅は無人駅。
宿からドアトゥドアで約2時間かかった…

b0367657_22495513.jpg

ゴツイぜ。

b0367657_22495535.jpg


見るものを不安にさせる時刻表(字余り)

トイレに行きたいがボットン便所で蚊が大量発生していた。
お尻を刺されたくないのでそのままソッと扉を閉めて、海中公園までの徒歩10分間我慢する事にした。

携帯の電池が少なくなっていたので、橋の上で休憩というより茫然自失?しているおばちゃんに道を聞いた。
ずっと歩いてトンネルを抜けて向こうとのこと。
この辺りは過疎が進んでいると見えて商店らしきものが1つもない。驚いた。

b0367657_22495578.jpg


ふむ、人生初の徒歩でのトンネル。
しかも272m
だが歩く場所が無さそうだぞ…
左へ抜けられそうな道があるのでそちらにしよう。
ここで猛烈にトイレに行きたくなった。
電車を降りる前に、ペットボトルのゴミを減らそうと水を一気飲みしたのが祟った。
我慢しながらしばらく歩くとやっと見えた!

b0367657_22495579.jpg


あったよ!綺麗なトイr…串本海中公園!!
ということでトイレに駆け込み、事なきを得ました。

チケットを購入し、水族館のような館内へ。

b0367657_22495505.jpg


海ガメがたくさん見れたので満足した。
初めて抱っこさせてもらったのでいい思い出になった。
この子、手のひらに載せると泳いでるつもりなのか手足をバタバタさせてすごくかわいい。

最後に海中展望塔へ。
雨で激しく波打つ海中に漂う生き物たちを見れてこちらも大満足。

b0367657_22495581.jpg


そのあと宿に戻ると豪雨になったので引きこもり〜

b0367657_22495611.jpg


お昼はろくに食べていないので、夜ご飯は少し奮発しました。
梅干し食べてないと呟いたら、宿のオーナーさんが高い梅干しを食べさせてくれました。至福。


走った距離
高速利用
県道33号、34号 183.3km 2410円

高速料金 2410円
パン¥370
電車¥2110
串本海中公園¥1800
夜弁当¥669

にほんブログ村 日本一周(バイク)

[PR]

by aroundjapan | 2016-05-16 21:40 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

12日目 日本海 mother sea

b0367657_21173315.jpg


今朝はバイク友に連れられるがまま、京都の美山に来た。
(写真は道の駅京都新光悦村にて)

b0367657_21173321.jpg


京都に牧場があるなんて、全く想像もしない事に驚嘆もひとしお。
ソフトクリームぺろぺろ。

R162を下って行けば、福井県に入りました〜!
人生初到達。

b0367657_21173498.jpg


このお店、絶対ツーリングマップに載っているであろうライダーの割合。
海鮮丼ぺろぺろ。
イカもマグロも新鮮!!
やはり日本海はこうでなくっちゃ。

その日本海が見たいなんてワガママ言ったら、本当に見れたよ。

b0367657_21173403.jpg

小浜湾エンゼルラインにて。

早くもセミが鳴いてた。
日差しは夏。
真っ赤なロードスター、オープンカーじゃ暑かろう。

b0367657_21173414.jpg


若狭湾とか言われても、九州生まれの自分はどこ?と思ってしまうけどなるほどココねという感じ。
この地図、北が下を向いてる変なの。
大阪って関西では他県へのアクセスは抜群だね。
東京に住んでいたので東京から行ける場所の多さは知っているけど、大阪も同じ。
名古屋もきっと似たようなもの。
福岡からはこんなに多くの県にアクセス出来ないから、名古屋は越せない気がする。
こうして自分のまちの立ち位置を知る。

b0367657_21173436.jpg


がっつり走ってがっつり食べたので、眠くなりながらも梅ドリンクの甘いのを飲んで帰阪。

走行距離
池田木部IC→R423→余野コンビニ→R423→県道732→R477→R372→R477→県道19→道の駅京都新光悦村→県道19→道の駅美山ふれあい広場→R162→かねまつ→R162→エンゼルライン→R162→R27→福梅の里→R303→R161湖西道路→京都東IC→大山崎IC→R171→R170
計360km

使ったお金
高速利用 未計算
海鮮丼 ¥1000
梅ドリンク¥150

にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-05-16 21:00 | 2016 日本一周 | Comments(2)  

11日目 太陽の塔

b0367657_20580138.jpg



こうやくんだよ、こんばんは。
どこかで見たキャラクターですね。
リアボックスのシールの仲間入り。

荷物をまとめていると、住職は「朝ごはんいらないのか?」と尋ねてきた。
やはり優しい住職。

軽く食べましたと答え、写真を撮られ、なぜか握手をしてバイクにまたがり出発。
笑顔で送ってくれた。
また泊まりたくはないが、良い住職だった。

b0367657_21542249.jpg


大阪を突っ切ってある場所へ。

b0367657_21542225.jpg


ドーン!!
これを見に来たであります。
太陽の塔には思い出が2つあり、某漫画などの影響のせいか、高校の時文化祭で玄関を飾る作品として夏休みを費やした。
高さは約3メートル
中央の顔は紙粘土を捏ねて作った。
もう1つの思い出は、大学生になってから自分の足で電車を乗り継ぎ当時の仲間を引き連れて見に来たんだけど、年末で閉園していたであります…(T_T)号泣

だから初めて間近で見たよ。
10年越しの生太陽の塔。

b0367657_21542204.jpg


裏の顔!
地下にも第四の顔があるんだよね。

b0367657_21542221.jpg


脇の下なんかも!(要らない)

万博の常設展示もあったから見て回り、万博気分を堪能できた。
岡本太郎が太陽の塔の地下に作った生命の樹では、原色を多用した躍動感と同時に気味悪さがあり、その存在を知った時から万博には心奪われる物がある。
人類の進歩と調和。
当時の日本人がインフラを創造し、テクノロジーを駆使するその姿が感動的ですらある。
バブル崩壊以降に生まれた世代には、そういった期待や幻想を国民全員で夢見ることができた時代に憧れを抱く。

b0367657_21542223.jpg


ところで、大学の頃来た時はエキスポランドの事故があった直後だったのだが、全て新しくなっていた。
ガンダムもいた。

その後、生後7ヶ月の子供がいる友達の家に。
バイクに跨らせて撮影大会。
非常にキマっていた。
ママが心配するから乗りたいなんて言うなよ〜

b0367657_21542218.jpg


その後、東大阪のバイク友(同じダブル乗り)と合流してアメリカンダイナーで夕食。
お店の前に停めてた私たち以外、3台目のエンジ色のW650は女性の物でした。
店から出た後走ってたら斜め後ろにいた。
お話したかった…

インディアンのお守り、色に意味があって旅の安全に、とバイク友から頂きました。
青なのでカンケンバッグに。

b0367657_11294347.jpg


走った距離
県道38→堺港→R423→万博公園→吹田→東大阪
計84km

万博公園入場料250円
万博パビリオン200円
昼食500円
お土産1711円
食品331円

にほんブログ村 日本一周(バイク)
[PR]

by aroundjapan | 2016-05-15 21:30 | 2016 日本一周 | Comments(0)  

10日目 紀伊半島内回り

おはようございます。

山寺(?)は怖いもので、夜は真っ暗。
住職の話によると、イノシシやシカも出るそう。
野趣溢れるトイレ(平たく言うと汲み取り式)に起きなくて本当に良かった。

b0367657_10090365.jpg


座禅を組むスペースの眺めが本当に素晴らしいのだが、これ、下を覗き込むと土砂崩れした上部というか、そもそもでかい沢の上にあるじゃないか。
背後のプレハブ小屋は、建てて数年経っているようだが大雨の際は何も無いほうが不思議なくらいの立地。
さらにこの崖を拡幅して法面工事して(住職はクギを打ってと言っていた)そこで広々と座禅を組ませたいと言っていた。
良いけど、法面工事するような資金があるとは思えないし、素人の考えは恐ろしい…
まぁ今は湧水が出ているわけではないから水道は違うところに行っているのかも知れないけど。

b0367657_10090392.jpg


炊事場に行ったら朝ごはんが用意してあった。
昨日、朝食を買ってきてないと告げたからか。
おしゃべりは過ぎるが、優しい住職。

食べながらもいろいろとトーク。(私は相槌のみ)
真面目に目を見て聞いていると疲れるので、何か作業をしながら聴くという技さえ覚えた。
食べ終えて解放されると、ここでじっとしていても上空を飛んでいく飛行機を見て日に焼けるだけで、しょうがないので走りに行く事に。

大阪のツーリング友に教えてもらった通り、龍神スカイラインと十津川に行く事にした。
携帯に入れてナビする方法を覚えた。
ハンドル周りにごちゃごちゃ付けたくなくて、胸ポケットにiPhoneのスピーカーが上に向くように突っ込んで音量最大にしておくと、走行中でもよほど風の出てる時以外は聞こえる。
最近はこれで行くようにしてる。

その方法で検索すると、県道61号を南下するようになっている。
進むと

b0367657_06170497.jpg


これはなかなか。。

この辺で登山靴履いてて良かったとか思った。
山は水分的な意味で緩いらしく、舗装も路肩は割れてたり不陸が多く見受けられた。
酷いところだと、走行しながら腕を伸ばせば届く範囲に肩幅ほどの滝があった。
急な上り勾配の坂道をとうとうと水が流れてくる。
葉っぱや小枝、石ころが転がっていて、道ではなく川を走っているような気さえした。
一番低いギアでも抜けてしまいそう。
踏ん張れダブル。
左手のクラッチを開きながら右手で大袈裟にアクセルを開けてやると、苦しそうに歯車が食らいついた。
こういう瞬間は私自身も身動きが取れないので、頭の上の枝からクモの巣でも垂れていようモノならさぁ、かかってこい!望むところだ。(望まないけど)
クモの巣ぐらいなら良いけど、対向車が来ないように祈るしかない。
幸い通行する人はほぼ居ないので助かった。
県道がこの有様とは、和歌山の底力を見せつけられたね…やるな、きみ。。

走行して15km過ぎた辺りから急に開けてきた。
b0367657_06170582.jpg


背後にもみかん畑が広がっていた。
急峻な山からみかんを降ろす用のトロッコのレールが引いてある。
茶畑や、柿の無人販売もあった。

b0367657_06170511.jpg


たまごも。

b0367657_06170526.jpg


カブの似合う風景。

これまで8年間、バイクに乗ってツーリングしていて「日本の原風景」という言葉の似合う場所はあまりピンと来なかったが、ここ和歌山県の川沿いなんて、ものすごく日本だ。

くねくね道に疲れたので、大河ドラマで盛り上がる真田幸村のふるさと?九度山にて休憩。

b0367657_20571984.jpg


真田茶(寄生虫みたいでやだ…)を飲みつつルート決め。

龍神スカイラインのあと十津川温泉に入ろう。
九度山のあたりは京奈和道路建設と思しき工事がやっていて、原風景を壊すであろう高速道路建設のやり方に疑問を持った。

日本の秘境がどんどん開拓されていってしまう。
しばし行くと、高野山といえば金剛峯寺。
世界遺産に指定されたとかで再び脚光を浴びているその寺に詣でる事にした。

b0367657_06170596.jpg


その前に腹ごしらえ。
柿の葉鮨はこの辺りの名物のようだが、目の前にあったこのお店は笹の葉鮨とのこと。
観光地価格?だが、食べてみるとそこそこ美味しい。
お腹も満たしたところで頭も刺激しよう。
金剛峯寺だけ拝観する事にした。
高野山はそもそも中国での仏教留学から帰ってきた弘法大師がすむところで、周辺にいくつもの建物がある。
金剛峯寺含め、外から見るだけだったら無料だが折角なので拝観料を支払い、中へ。

弘法大師にまつわるものがいろいろと飾られており、襖絵も美しく興味を持って楽しめた。
それもこれも彼の住職のおかげである。(^^;
お茶とお菓子まで付いてきた。

フランス人が団体客で押し寄せていたのには驚いた。

b0367657_07575459.jpg

何か可愛い子居た

道の駅で休憩しているとスティード乗りの男性に話しかけられた。
昨日も琵琶湖を一周する福岡の女性ライダーを見たそうな。その人と友達になりたい…

R371を抜けるのに2時間近くかかったが、龍神スカイラインは快走路だった。
そのまま東へ向かい十津川へと結ぶ。
県道29.198を抜けてR311を走っていると、この辺はいわゆる熊野古道の近くを通る道らしく、至る所に看板が出ていた。
参拝者は草履で歩くのが普通らしく、一度行ってみたいと思っている。
本宮という町を通り抜け、十津川温泉に着いた。
立ち寄り湯は川のすぐ脇らしい。
JAF割引で半額の200円で、しかも貸切状態で入れてラッキーだった。

帰路を急ぐ、
寺の坂道は暗くなると何も見えないからね。
寝る前にも再び仏教とそれ以前の宗教について(強制的に)勉強しました。

走った距離・ルート
県道61→道の駅柿の郷くどやま→R371→道の駅ごまさんスカイタワー→県道198→R311→R168→十津川温泉庵の湯→R168→R24→R371→成田山不動院
計280km

使ったお金
お土産1500円
飲食1000円
拝観料500円
温泉200円

にほんブログ村 日本一周(バイク)


[PR]

by aroundjapan | 2016-05-14 06:48 | 2016 日本一周 | Comments(2)