人気ブログランキング |

あの日の練習コース


b0367657_17533663.jpg
目が覚めて雨に濡れた甲板に出ると、九州が見えてきた。
本当にフェリーがあることで旅の自由度が飛躍的に上がる。

b0367657_17534054.jpg

b0367657_17534442.jpg
すでに福岡県内だがやはり寄り道したくなる。毎回平尾台というのもつまらないため、今日は河内貯水池に来てみた。
学生時代以来10数年ぶりか。
北九州イチの夜景の名所、皿倉山の裏側に位置する河内貯水池は新日鉄住金の所有する現役ダムの人造湖。
およそ100年前に官営八幡製鉄所へ工業用水を確保するためのダムとして作られ、土木学会選奨土木遺産にも登録されている。
案内看板も古めかしく、普段はあまり人気もない周辺は暗い時間に来ると不気味ですらある。

b0367657_17534857.jpg
景色ははっきり言ってとても地味。
しかしよく見ると堰堤は石造りで、100年前のものが現役という精巧な明治の物づくりを味わうことができる。
現在は北九州市が管理しているらしく、春には桜、周辺には藤園もあるので市民にも親しまれているスポットだ。

b0367657_17535235.jpg


b0367657_17561900.jpg
もっとも見るべき土木遺産は南河内橋。
その面白い形は2連レンズトラス(レンティキュラートラス)構造というらしい。
日本に建造されたものは3例しかなく、しかも現存するのはこの南河内橋のみとのことでかなり貴重な構造物だ。


b0367657_17540051.jpg
池の周辺はかなりの急カーブが連続している。
学生の頃、当時乗っていた250ccのバイクで運転の練習をしていたが、カーブに差し掛かる度泣きそうになっていた。
今は適度にブレーキをかけることを覚えたので然程怖くない。
初めてWを連れてきたので(連れてこられたのは私だが)記念撮影。
県内ながらあまり来ない場所なのでいい思い出ができた。
朝9時ごろには帰宅。
今回はノスタルジーに浸る旅だった。


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村


by aroundjapan | 2019-08-14 20:20 | 2019 バイク旅 | Comments(4)  

Commented by いつかは夢走 at 2019-08-15 22:03 x
最近解らなくなってきた❕🤷‍♀️

Wが主役でKさんが相棒・・



Wが被写体でいいのだ。

甲板から見える山は、福智山ですか。

その前に例の平尾台??・?

重要文化財の種別「近代化遺産」での指定第一号(1993年)、碓氷峠 めがね橋

改めてGoogle画像で見直した‼️

凄い。上を機関車が走ってたんだ。

Kさんのアングル写真は・・・

残念・・・・無かった。

Wが主役だからいいのだ!

(いらん、お世話だ!)

あっ!一枚あった(笑)


土木遺産?

調べたら、たくさん有りすぎて・・・

価値がわからない・・・・・・

ほとんどが、橋・ダム・トンネル

394件もあるそうだが、

2000年認定から、順次見て行った。

Kさんは、勿論Wと廻ったんだろうか?

私には、わからない🤷‍♀️・・・

何故こんなに、遺産として

毎年認定されるの?

見続ける事・・・

3時間・・・理解が乏しい自分に

2006年でギブアップ。

胃が・胃が・・痛い

助けて~‼️

太田胃散!

おまえまでも・・・・・


・・・いつかは

Commented by いつかは夢走 at 2019-08-26 06:47 x
黄昏

細切れのブログ・・・

それは、短編小説であり。

連載・・・

それは、ドラマである。


おもて表紙・・・平尾台とW

うら表紙 ・・・黄昏K

奥付け ・・・(笑)

パンとヒレカツ‼️

・・・・・いつかは

Commented by いつかは夢走 at 2019-09-11 08:00 x
期待‼️

相棒よ!

もうすぐだから・・・・


連休は・・・・

休ませないから。


走る❗ 走れ❗

平尾台から・・・

・・・・・いつかは
Commented by いつかは夢走 at 2019-09-12 08:20 x
夢の・・・夢

土木遺産の評価の手順を学んだ

(訂正)・・読んだだけ(笑)

明治11年10月8日・・・・・
(野蒜築港120年委員会)
土木・・・・これは笑う。土→十一・木→十八


ダムを廻る

遺産を巡る

城を昇る

橋を渡る

野鳥を観る

山に登る

人と和む

心に触れる

愛を感じ

ヒレカツ、パンを食する(笑)

幸せを感じる



走る

相棒

・・・・・いつかは

移動日 >>