人気ブログランキング |

大平峠でキャンプ

いつかと同じ、亜熱帯からおはよう。


b0367657_21512241.jpg

諏訪市街地に出来たばかりの某大手ネットカフェの昨晩の様子は、まるで北海道のライダーハウスだった。
私みたいに走って寝て…というスタイルのライダーにはうってつけなのがネットカフェ。
昨今はインターネットの普及でツーリングにおいても革新的な変化が起きている。
便利になった反面、日が落ちることへの恐怖感が薄れ、それと同時に泊まれる場所を見つけた時の安堵もほとんど感じなくなっている。
なんてツマラナイんだ。

初めて諏訪に来た時のことを思い出す。
空はオレンジ色になり、諏訪湖にぶつかった私は、初めて目にした湖にうっとりすることもなく、必死に泊まれる宿を探していた。
この日はビーナスラインを走ると目標を決めていた、ただそれだけの私とW650の初めての遠出だった。

宿とは本来出発前に電話で予約をして、頃合いを見て到着するものだった。
そこで知り合った人と会話をしたり、夕飯を共にすることもあった。
ネットカフェにはそれがない。店員と2、3言のクチを利いて入ってしまえば完全に一人の世界だ。

この10年のうちに変わってしまった事と言えば、スマホを使ったナビが登場したことも挙げられる。
少し進むごとに地図をめくり、太陽の位置や川の流れで方角を考えながら走っていたあの頃とは違う。
インターネットやスマートフォンの普及によって私たち日本人のツーリングスタイルは、劇的に変わってしまった。
手のひらに収まるパソコンのような利便性を知ってしまった以上、スマートフォンが手放せなくなっている私も、もうあの頃には戻れない。
ツーリング中にツイッターやインスタグラムを更新するなんて個人的な志向で言うともってのほかだ。
バイクに乗る者として、不便を愛する者として、ネットカフェに泊まるなんて行為は主義に反しているとても悲しい事なのだ。


b0367657_21512254.jpg
・・そんな事を思いながら、今朝もこの狭いパソコンブースで目を覚ます。
私は一体何をしているんだろう。
でもクタクタになるまで、食事も抜いて、走れるところまで走る、そんなツーリングを年甲斐もなく「つい」やってしまう私にすっぽりはまるのがこのネットカフェ。
個人的には、都市型人間なのでこちらに流れるのはごく自然だと思う。
さて、探検しよう。

b0367657_21515572.jpg
潜水艦の窓が付いた個別ブース、盗難対策のためか簡易錠がかかるようになっていた。
法律的に問題無いのだろうか。


b0367657_21515510.jpg
東南アジアというよりはミクロネシア系のインテリアが不気味なのがこの店の特徴。
寝る前や朝見たいものではない。修正済み。


朝はさわやかに、というのがこの国のルールだ。
いや、国単位での通念ではないけれど私はそうありたい。
バイクに乗り数分で目的地へ。

b0367657_21515591.jpg
焼き立てパンに朝のご挨拶。
最前列はお馴染みのアイコンだが、奥の方にいる知っているような知らないような顔に妙に癒された。
b0367657_21521908.jpg
ビルの屋上へ上がると晴れ渡る諏訪湖に迎えられる。
老舗喫茶店に行くつもりだったが、観光地と住宅地の狭間だったので駐車スペースの懸念とせっかく天気がいいのでこちらへ。
ここで朝食を摂ることにする。

b0367657_21521964.jpg
ソーセージのパンとキッシュ。美味しそうに見えた八ヶ岳高原牛乳とセットで頂こう。
日差しが強く、上着も全部脱いで背伸びをする。何組かやってきて、食べ終えるとすぐいなくなった。
急いで食事をするよりも、ゆっくり食事をすることの方が得意だ。
さて今日の予定は。スマホにメッセージが来ていた。

b0367657_21521937.jpg
Yちゃんは朝から長野県某所に立ち寄るため今から1時間後に着くとのこと。
おいおい、勘弁してくれよと思ったが、日本一周時の仲間に会える、ちょうどいいタイミングでキャンプに誘ってくれたのは彼女なので大人しく待とう。
幸いここは諏訪湖で、暑くもなく寒くもなく、暇をつぶすにはちょうど良く人間観察を楽しめそうなベンチがあった。
小一時間、長野に遅れて飛んで来た花粉に鼻を垂らしながらYちゃんの到着を待つ。

実は彼女とは昨年末顔を合わせていたので、再会の喜びは軽く。
インカムの接続に数十分汗を流しながら格闘。
ようやく成功し、会話しながら走る。国道沿いの道の駅で休憩がてら蕎麦を食べた。
b0367657_21521921.jpg
農道に移動し、またしばらく走る。
とあるお店を発見した。

インカムで「あ、ここ。調べてたんだけど入る?入っちゃう?」と聞くと「行こーで!」となり飯島町のケーキ屋へピットイン。
駐車場の景色が良く、Yちゃんが撮影していたので真似をして撮った。
ここ飯島町は中央アルプスと南アルプスの「二つのアルプスが見える町」がキャッチフレーズ。
連休のためか入口付近にご当地キャラがいてなかなか可愛らしかった。
b0367657_21521980.jpg
食べたのはマンゴークレープ。通常のミルクレープよりさっぱりしていて美味しかった。
珈琲は無料。
b0367657_21521971.jpg
いいちゃん。形態が変わるらしいけど、このままがかわいいので、それは無くてもいいと思う。

思いもよらぬ女子ツーリング感満載な記事に、ベテラン読者はたまげただろう。
スイーツを堪能し、キャンプ場は電波も入らず明日の朝も出発が早い。考えた結果、風呂に立ち寄ってから行くことにした。
飯田の山の麓にあるのは砂払温泉。内部は薄暗く、寂れた旅館で温泉のみ提供・・と思いきや宿も営業しているそうで。
風呂は意外にも綺麗な設備で、ゆっくり1時間ほど湯に浸かりながら、Yちゃんと「北海道でお風呂に入ったのを思い出すなぁ」と近況を語り合う。
旅館は昔は立派だった風情。なぜ飯田の山の麓に古い旅館が。しかも温泉が湧くような地形とは思えない。
調べると江戸時代より続く老舗で、今から向かうキャンプ場のある大平峠を越えてきた客を迎えたそう。
というわけで30分以上走り、電波の入らぬ大平峠着。

キャンプ場は舗装路から草むらを下った先で、歩いて覗いてみると結構な距離がありそうだった。
オフロードバイクのYちゃんは「先に行ってみるで」と言い先に行ってしまった。
振り返り、舗装路の上で置き去りにされたW650が暗闇で自動車にぶつけられる想像が駆け巡る。
「どうしよう、帰ろうかな」と苦慮したが、下には男が2人いるはずなのでヘルメットを被ったまま降りて行ってみた。
そこには3年前ねぶた祭りで知り合い帯広で一緒にスイーツ巡りをしたTさんと、北海道で一緒だった同級生旅人のRさんがいた。
「久しぶり!」と挨拶を交わし、早速バイク移動のお願いをすると、パーカーにサンダルで寛ぎモードのTさんから「念のため荷物を外してください。僕が乗って降りますよ」と頼もしいお言葉。
車もバイクも好きな彼には任せても大丈夫、と思ってお願いした。
何かあったら支えようとついて行ったが、瞬く間に下へ降りてしまった。
b0367657_16305947.jpg
Tさんは「大丈夫です。」と言い、なーんだ、降りれるのね。と安堵した私はYちゃんと競うように素早くテントを張った。
この日のためだけにテントを積んでいた。
Rさんが手伝ってくれる。
すでにテーブルを囲んでいる2人の隣にアウトドアチェアをセットするや、Tさんが「さぁ鍋を出して」とよそってくれたのはすき焼きとご飯。
しかもツーリングライダーとは相性の悪い、貴重品の卵を添えて!
Tさんは近県に住んでいるため自動車で来ていて、Rさんとともに料理も好きと来たもんだ。
女二人は何とも情けないが年下の器用な男、Tさんに甘えさせていただく。

b0367657_21521975.jpg

四方から食卓を囲み、暖かい鍋は具材に味が染みていてとても美味しかった。
食べ終わるとみるみるうちに辺りは暗くなり、火を起こすTさん。
薪になる木は明るいうちに周辺に集めてくれていたらしい。
彼は酒を手にしながら、慣れた様子で火を大きくしていく。
ある程度火が大きくなると、今度はかわるがわる四方から薪をくべていった。

b0367657_21543385.jpg
Wizard of fire T氏

本当にこういう作業は経験がものをいう。
某離島帰りのRさんから黒糖のお土産を頂き、私は手拭いをプレゼントした。
Tさんは数日後に世界一周の旅へ出るそうで、この3年の間に旧知の友のようになっていたYちゃんにエールを貰っていた。
火が小さくなっていくと格別に冷え込んできた。
木々の間から見える空には星があり、4人で小さくなっていく火を名残惜しく見送った。



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村


by aroundjapan | 2019-07-14 23:33 | 2019 バイク旅 | Comments(3)  

Commented by いつかは夢走 at 2019-07-24 04:36 x
探検しよう!

この自然な、言葉・・好きです

何十年前に言ったかな

探検・・・・

幼稚園かな・・・いや

小学低学年の頃

やんちゃな、男の子の縄跳びと私の縄跳びを繋げて、一本のロープにして、お互いに端を持って。

探検するぞ!

おお!

私が、先頭で雄叫びあげて・・・

彼を引っ張り、誰もいない

理科室や、美術室、体育館舞台下

を探検した。

意味のないロープと人は思うだろうな。

ただ、彼と内緒の共有・行動で

声を押し殺して・手を繋ぎり
たかっただけかも・・・・

最後は、いつも手を繋いで

成功したね?!そう言って

帰ってくる。(意味不明で恥ずかしい)

ランドセル・・・ライダーさん
小学時代の彼のままに映る・・・・

Kさん・・・・も

成長停まってる⁉️・・

感性は磨かれても進化しない・・・

ルパン三(笑)

誕生日おめでとう🎁🎂❤️


・・・・いつかは

Commented by いつかは夢走 at 2019-08-03 20:38 x
超❕夢

亜熱帯

京都 先斗町でしたよね。

色々調べました天井の360度カメラ

注意必要なんですね。

設置・
近い所は個室の中丸見え‼️

着替えも・・・

防犯の為が、言い訳。

バイトの兄ちゃん‼️

ダメ‼️

冗談は、さておき

便利に感謝してる。

スマホは、今の私には・・・

ある意味相棒❤️

図書館で、司書のかたに調べて
もらうよりも、事前に・・・

蔵書検索・・・さらに専門書へ

レファレンス依頼して

国立国会図書館より入手。

オンラインサービス‼️(笑)

寝ながら、勉強できちゃう。(笑)

情報と知識は・・・

でも、

私の相棒は・・・

キャンプや・・・

テント泊や・・

バイクツーリングや・・

ネットカフェや・・・

異性と・・・・

色々な事が、画像の世界知識のパズル

湿度も・香りも・鼓動も・汗もない・

夢(私?笑)と現実の矛盾の肯定

驚異・以外な並列・不条理性

いわゆる

シュルレアシスム・・・

夢‼️ としては


普通に・・・

ときめき・・たい・・・

みんなが

あたりまえに感じることを・・・

ただ・普通に・・・

君はロックを聴かない


・・・・いつかは
Commented by いつかは夢走 at 2019-08-04 22:47 x
本当は!内緒‼️

セルカトングの写真なぁ~い❕

いいね!

豪快な男料理のすき焼きですね。

バケツのような入れ物のすき焼き

初めてみた・・あっ!

ヨダレ💧・・💧💧・・・が(笑)

一本橋通過で得たはずのバイク免許

オフロード車も乗りこなしてきた、
Kさんが・・・

弱気・・・

んぅ?

甘え作戦?(笑)

cute operation by K

相棒が言ってるよ。

なんで❗

早く❕ 付いてきて❗


・・・いつかは

<< 移動日 夕焼けの色が本当の世界の色だとしたら >>