初めての漫喫考察

ー番外編ー
漫画喫茶考察記
節約旅で定宿にしているインターネットカフェ(元は漫画喫茶)がどんな様子なのか、特別面白いチェーン店を見つけたのでその様子をお伝えします。
(文体が違いますが気にしないでください笑)

亜熱帯タイホウ熱田店。
来ました、諏訪に続き二度目の亜熱帯。
名古屋の夜を楽しんだ後、深夜一時過ぎに入店したんですが、問題なく禁煙フルフラットゲットです。
この店の最大の特徴が大きなモールの中?に入っているため駐車場が広いこと。
私はバイクなので駐輪場に停めましたが、主に自転車用と思われるそのスペースが広い!
おまけに屋根までついているので、翌明け方に雨予報が出ていた今夜はありがたくこのスペースに停めさせていただきます!
その日はブーツと上着を脱ぎ、なぜかいつも置いてあるクッション三点セットを自分のお気に入りのやり方で並べて速攻寝ました。

~翌朝~
店内を散策してみました。
昨日は疲れていてあまり気にならなかったのですが、この店、禁煙スペースが一番奥なのです。
おかげで手前の空間にあるトイレに朝方行ったとき、ものすごく煙草臭かった…。
喫煙スペースを奥で隔離してくれるほうが、空気の流れからすると絶対に理に適っていると思うんだけど。
もしかしたらヘビースモーカーな雇われ店長(想像)の意向で逆に配置したのかもしれない…!
煙草の煙が絶対にむり!!という人にはこの店舗はお勧めできません。

店内インテリアは相変わらずの快活CLUBリスペクトが行き過ぎた感。
首の曲がった猫やくねくねしたトカゲの形をした郷土土産?が壁に張り付いていた。
そしてどこの少数民族かというような、どう見ても男性顔なのに体は女性な木彫りの置物とか。
さらに夜間はそれらの気味悪いインテリアが黄緑の照明でライトアップされてて、いまにも夢に出ん、という雰囲気を放っていました。

ブース内部から防犯カメラは見える位置にはなし。
ただスライド式のドアの頂部が半透明のアクリル板であるのと、潜水艦のようなくりぬき窓があるのでタオルなどで覆わないとブース内が割と丸見えに。
ブース内にティッシュとゴミ箱はなし。

寝てる間もずっと空調らしき音がコーーと言っているのが気になる人はきついかも。
私は耳栓するので速攻寝れます。
さらにシーリングファンがすぐ上で回っていたので、空調自体は暖房が効いてネットカフェはどこもそうらしく乾燥強めだけど、直接風が吹きときたま涼しい風がやってくる。
いつもどおり明け方には寒くて目が覚めた(この現象はF君もなるらしい)
朝になるとコーーー音にさらに波の音が加わる。
インテリアになってる民族の国かつ海辺なんてどこの国をイメージしてるんだ。。
店名が亜熱帯だから東南アジアより南、ミクロネシアかなぁ・・

ていうか私が言いたいのは、東海圏のネットカフェなのにモーニングをやっていないのが「は?」って感じです。

パック料金は快活より安かったと記憶しています。
以上漫喫考察でした!

ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-06-23 10:01 | 2017 バイク旅 | Comments(1)  

Commented by いつかは 夢走 at 2018-06-23 13:00 x
写真アップないよ~
初心者は、鍵とか?・扉が心配です。
寝相が悪いし❣️、うわごと言っちゃいますからね。(笑)

でもきっと・・
いつかは

<< 京都へ 名古屋の夜 >>