再会の地、長野

目が覚めたのは、標高1000メートルを超えた地点。

b0367657_00345322.jpg

昨日の夕方には零度に下がった白樺湖周辺。
真夜中には氷点下を下回ったことだろう、朝になっても路面が凍結していたら走るのは危険。
という事でなるだけ遅く出発することに。
やる事もないので、9時まで二度寝した。

宿の主人に声をかけたが、出てこなかった。
話すのが好きじゃなさそうな人だったからいいや、と思い店に向かって頭を下げてから出発。
b0367657_00361500.jpg
走り出して5分ほどで大草原。

なんて単純な身体なんだろう。
澄んだ空気を吸い込むと、否応無しに胸が弾んでしまう。
あまりにもいい天気で、すれ違う車両もほぼ無い。
道路を追いかける私の旅は、たった今始まったような新鮮さを改めて感じていた。

b0367657_00361659.jpg
なんと富士山まで見えていた。
10年近く前だが、一度登ったことがある山は、身近に感じることができて楽しい。

b0367657_00361863.jpg
あまりの絶景に目を奪われ、W650で初めて走った思い出の地につい立ち止まってしまい、なかなか先に進めない。

b0367657_00361991.jpg
気持ちがいいぞー!


昼もてっぺん近くなり、毎回訪れるカフェでチーズケーキ・コーヒーのセットを注文。
チーズケーキはレモンがほんのり効いていて、チーズの甘みも控えめで完璧だった。

b0367657_00403331.jpg
しばしバイクを降りて歩き回る。
日陰には数日前寒かった日に降ったのだろう。残雪があった。

車山高原は標高1800メートルだが、これ以上標高を上げるといくら日差しがあるとはいえ、気温が下がり特に日陰などでは凍結の可能性が高まり走行に危険を伴うため断念することにした。
なにより私は九州育ちのため、道路が凍結しているかどうかを見分けることすら出来ない。

標高2000メートル近い美ヶ原高原はすでにシーズンオフに入っていた。

b0367657_00363242.jpg

バイク乗りの定番となっているらしい霧の駅へ。
初めて来た時から、美ヶ原へ向かう三叉路という覚え方をしていた。
少し腹が減り、野沢菜のおやきを買ってみたが値段の割にごく小さいものだった。

何台ものオートバイが、平日のためかほぼ単独ではあったが入れ替わり立ち替わり現れた。
ライダーでも美ヶ原方面に行く人と行かない人がいるのを、暖かい日差しの元眺めていた。

b0367657_00364358.jpg
私は里に降りることにした。
昨年の日本一周でも走ったアゼレアライン。
相変わらずの長い下り坂に、紅葉した木々が燦々と輝いている。
下り坂に落ち葉が残りカーブは不安だったが、しかしこれだけ掃除されていることに感謝した。
ところで、カーブのイン側に走ってくる車はとりあえず地獄に落ちてほしい。

下りきった所で松本市の空気を久しぶりに吸う。
何もかも変わっていなかった。
車社会の長野を感じながら、葡萄畑を見渡し目的地へ向かう。

b0367657_00365355.jpg
重要文化財である開智学校へ。
日本全国の学校発祥の地で、擬洋風建築が体感できるとあり観光地になっている。

b0367657_00370203.jpg

実益を兼ねて1時間弱見学した。
現代の日本の学校制度から考えると考えられないような子守教育や林間保育、また特別学級や特殊学級が設けてあったそう。

行く予定だった市立美術館は定休日だったので、時間調整のため目の前の旧司祭館にも入ってみた。
小さな建物だった。

松本市街地で随一と言ってよいだろう、松本城大手門駐車場にバイクを停める。
駐車場のおじさんは福岡市内に住んでたらしく立ち話をした。
ここから福岡まで1200キロと言っていた。

歩いて行ける範囲に郵便局を見つけたので、親戚にハガキを書いて送る。

b0367657_00372241.jpg
夕映えの松本城。
平日だが観光客が何人もいた。

b0367657_00373942.jpg
松本市役所の上階に展望室があるそうなので登る事にした。
こじんまりした役所だが諸々の像が立ち、手入れされた風で、ここで働く人たちの郷土愛を感じる。

階段で上まで登ると、倉庫のような雑然とした物置を通り過ぎ、狭苦しい展望室があった。
案の定、補強用のブレス鋼の間に設置された椅子はボロボロ。
そこから見える眺めはせめて…と思ったら予想外の絶景であった。
赤色に燃える山々の反対側には松本城を見下ろすことができる。
これが故郷の景色 というやつだな。

b0367657_00391228.jpg
しばし休憩して◯年ぶりの元会社の同期との再会。
出会った頃と寸分違わぬ相変わらずの地元愛で、故郷で働く同期は生き生きしていた。

山賊焼をご馳走になる。
同世代と飲むのが日課だそうで、地元トークに加えてもらった。

長野は縦に長いため、北信・中信・南信というとか。
信州って呼び方は九州モノにはあまり聞き慣れない。
りんごの名産地らしく、りんごがぼける=サクサクになって素が立つ?方言とか。
友達の家と自分の家から見える山が違う話が松本らしさ満点で面白かったな。
同世代間で語る事で、長野ならではの感覚が垣間見えてとても楽しく過ごせた。
なんだかんだと23時近くに解散。
明日は休みらしいけれど、月曜日からありがとうございました。



まほろば→ビーナスライン→霧の駅→三峰茶屋→過ぎたあたりから日陰 3000回転で進む→扉峠→アザレアライン→松本 開智学校→松本城駐車場→松本城→松本市庁舎展望室→再会→ホテルMマツモト


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-04-23 00:34 | 2017 バイク旅 | Comments(4)  

Commented by momomomo415 at 2018-04-24 16:23
快晴の長野、羨ましいです!
何回かビーナスライン周辺にツーリングに行ってますが晴れてたのは1回だけであとは真っ白か雨という。
まさか富士山まで見えるなんて…!
あと、再就職おめでとうございます(^^)
Commented by aroundjapan at 2018-04-26 16:11
> momomomo415さん
◯◯さんですか?
この間はお世話になりました。
秋晴れで気持ちが良かったです。
お陰様で忙しく働いております。ありがとうございます。
Commented by 会長 at 2018-04-27 00:04 x
そうです!
なんかブラウザによっては名前などの入力欄が出ないみたいですね、、違うブラウザで開いたら記入できました!
Commented by aroundjapan at 2018-04-27 01:22
> 会長さん
エキサイトIDで表示されてしまうみたいですね。

<< R19から感動の再会 八ヶ岳高原道路 >>