自販機食堂

某SNSで群馬のドライブイン情報を収集していたが、なんと3年前に新規オープンした店があるとのこと。
これは行ってみねばなるまい。


b0367657_20502340.jpg
愛車で到着、ドライブイン。
ドライブ中の休憩にしてはずいぶんと遠くまでお越しですね。
長距離ライダーですか。
ええ、まぁ。
(ドライブインに通常店主はいないためイメージです)
b0367657_20505639.jpg
実際に店舗に来てみると、写真を見て想像していたよりこじんまりした印象だったが内部は驚きの充実ぶり。
また出会えたトーストサンド機。
細かく書いてある張り紙には、期間限定のサンドも登場するようで管理されている店主のこだわりがうかがえる。
それだけではなく古いマシンを使用しているため、不調のときはゴメンネ的な断り書きも。
b0367657_20512666.jpg
オリジナル販促品の販売ももちろん自販機で行っている。
右の機械はお金を入れてレバーを下に下げるタイプのもの。
子供のころカードやシール類の下敷きなどで見た気がする。
b0367657_20522657.jpg
販促品で一番デザインが好きなロゴマークシールを購入。
こちらはお金を入れて番号ボタンを押すと扉があくもの。
少数生産のため価格はこれ以上下げられないのかもしれないが、キーホルダー600円など他のドライブインより良心的な値段設定。
b0367657_20545487.jpg
ハンバーガーマシンも中身はかなりこだわっている様子。
お洒落なハンバーガー屋には雰囲気こそ敵わないものの、300円であったかいバーガーを食べさせてくれる素敵な機械だ。
ハラペーニョ・マヨネーズ・ガーリックのメキシカンバーガーを選んでみる。

b0367657_21085942.jpg
ドリンクは瓶で売られているジンジャーエール。
栓抜きはマシンに付属。持ち運び?型もかかっていた。
昔の鉄道は窓際に、栓抜きになるものがついていたらしい。

b0367657_21171150.jpg
窓のロゴマークの隙間から愛車を眺めつつ、ジンジャーエールで乾杯。
ハンバーガーを食べることにした。

b0367657_21204140.jpg
サイズこそ小ぶりなものの、パテはかなり厚みがあった。
ハラペーニョのピリ辛が、あまり特徴のないやさしい味のハンバーガーにパンチを入れている。

b0367657_21215085.jpg
自販機の調子によって、中身が冷たい場合もあるそうで(イラストではなぜか「自販機が調子に乗って」と書かれている笑)そこは製造から40~50年経過した老体に鞭打っているためご愛敬。

b0367657_21223684.jpg
常駐していない店主(おそらく本業は別にあり?)が独特のタッチでイラストを貼りまくっているのがなんとも和む。
なんでも店主は亡き母親の営んでいた喫茶店を改装して開店されたそうで、店を盛り上げたい気持ちが伝わってくる。
脱力系のハラペーニョくんとメキシカンなイラスト。
b0367657_21230541.jpg
昔懐かしいおもちゃ消しゴムの自販機も片隅にあり。
わかるようで微妙にわからない世代の私。
b0367657_21241102.jpg
他にも昭和の遊びマシンも。
ジャンケンポンは小さいころ母の帰省についていったときに、レトロ商店街(今はない)でよく遊んだな。
他のは当然わからないが、賑やかしいゲーム音声や集客の呼びかけが延々と流れていたが、これが唯一の店のBGMとなっていた。
b0367657_21244261.jpg
トイレの蓋に貼られていた懐かしいメンテナンス用ステッカー。
これも実は店主が自主的に復刻したらしく、よほどの昭和自販機オタクであるとうかがえる。
しかしこのステッカー(当時もの)と数日後に再会するのだが、この時はまだ知らない。
b0367657_21242761.jpg
ラーメン自販機に関するこだわりと断りを同時に伝える張り紙。
b0367657_21245351.jpg
こちらがラーメン。
自販機ラーメンは西日本も東日本も、食べた場所では皆同じソフト麺。
自販機で温めるという構造上仕方ないと思うがソフト麺はあまり好きではない。。
その他の具材は申し分なく美味しい。

b0367657_21250100.jpg
かわいいイラストを見ながら今度は店の奥のカウンター席で食べた。
自由に読んでいい本棚があり「お前はまだグンマを知らない」という面白そうなご当地漫画があったので、一通り群馬について学ぶことが出来た。
特に群馬県は上毛や上州と言われ、県民に広く浸透している”上毛かるた”より、平面的にツルの形をしているという事を初めて知ったがこれは群馬県各地で目にすることとなる。
b0367657_21250945.jpg
たくさん食べると日がすっかり暮れていた。
ごちそうさまでした。


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-02-18 02:29 | 2017 バイク旅 | Comments(2)  

Commented by 道産子 at 2018-02-18 13:51 x
国鉄時代をギリ知ってる世代ですが、鉄道の窓際に栓抜きがあった記憶が
ピカッと思い出されました。
灰皿も付いていたし、上着を掛けるフックもあったなぁ。
車内の扇風機前に陣取って、届かない吊り輪にブラ下がろうとして
怒られてたよ。
Commented by aroundjapan at 2018-02-20 00:35
> 道産子さん
クーラーのない車両ですね。
私も幼い頃乗ったことがありますが、今考えると幻だった気がするほどぼんやりとしか覚えていません。

<< 脱・広大な関東平野 鶴舞う形の群馬県 >>