九州半周編2/4 吹上浜

2016/4/9(土)

同じ日に宿に泊まっていた、Iさんと連絡先を交換した。
彼とは偶然にも同郷・同業だったため、話が合った。
業界的には私の先輩ではあったが、仕事をやめかかっている私からすると、現在の私にとってすでに仕事は前職であり、前職と言うのはプロをかじった趣味のような位置付けになってしまう。
だから前職の話をしていると、趣味の話をしているような気分になってしまう。

彼は薩摩富士と言われる開聞岳に登るそう。
その山見たさに走ってきた長崎鼻。
数十年前に観光地化されたのだろう。昭和の風情が漂う。

8時過ぎに着いたので本来有料である駐車場の受付にはあたりには誰も居ない。
朝の空気と土産物屋の光景が不似合いではあったが、どこか懐かしい感覚に陥る。
駐車場所を物色している私に、開店のためシャッターを開けたばかりのおじさんが鹿児島弁で手招きしてくれた。
「ここにオートバイいれとき!みちょくけん」
と言い、彼は大きく手を上げ誘導してくれた。

おじさんは
「何かほしいもんあったらウチで買い物してくれたらいい」
と言い、にこやかに送ってくれた。
岬のほうへ約100mほど。歩いていくとやかましい中国人ツアー客に追い越された。
あまりにも団体で岬へ向かう。先手を打たれたので、すぐ脇の階段に腰を下ろし正面に薩摩富士を眺めることとする。

b0367657_22160454.jpg
長崎鼻から眺めた開聞岳

曇り空を掻き分けて現れたそれは水墨画のようだった。
いわれのごとく、まるで富士山の格好をしている。
両親に写真を送る。
「いまここだよ」と送ると、母からは
「おはよう。桜島ね」と返信が来た。
違うけど、そこから見たら似たようなものだね。

開放感に、しばらく海と山と空を交互に眺めていると、足元の直ぐ下まで小さく波打っていた。


b0367657_21451411.jpg
R226のどこか 南九州を代表するような景色


この辺りで未踏の地には指宿の隣町(というには少し遠いか)頴娃町を越えて、枕崎がある。
枕崎と言えば、港町。カツオ漁が有名だ。
カツオラーメンなるものがあるので食べてみたかったが、開店時間まで一時間以上。
私の脳内スケジュール帳と相容れないので今回はやめておく。
次回開聞岳登山とともに再チャレンジだ。
山道具を担いで、九州新幹線に乗ってみよう。
駅舎を新築してしまった日本最南端の枕崎駅は、無機質でどこと無く興ざめだった。

b0367657_22231526.jpg
「そんなの知らないヨー!」とばかりに、カツオがすいすい。



さて、次に目指すのが今日の最たる目的地、鹿児島県薩摩半島は西部に広がる吹上浜。
地図で見るととても美しい弓形を描いている。
”いちき串木野市・日置市・南さつま市”の3市にまたがるという日本三大砂丘の一つ。

なぜここに来たかったのかというと、私の父が会社員時代働いていた場所だというからだ。
42年ほど前、彼はこのあたりを拠点に生活していたと言う。
そんな話を聞くと、名も知らなかった町がぐっと身近に感じる。
とは言うもののどこが正確な場所かわからない。
すでに平成の大合併以降世代の我々は、旧史の町名など注意深く探さないと存在も知りえないのである。
特に南部九州の合併はひどい。
平気で5や10や15の町が一つの市へ転換されている。

話は逸れたが、とりあえず吹上と名のつく県立吹上浜海浜公園へやってきた。
100ha以上ある巨大な公園だが、春を通り越しつつある陽気が園内に立ち込めている。
b0367657_22160479.jpg
予想外のツツジの狂乱に目が眩む



ここは南九州、4月初旬とは思えない日差しに否応なく革ジャンを脱いだ。
赤白ピンクとツツジがこれ見よがしに咲き乱れる園内から、海を見渡せる場所を探すべく一人エンジニアブーツで歩いた。
レンタサイクルもやってるらしい。
果てが見えない程長い道が園内を突っ切っている。
サンセットブリッジなんて洒落たものもあるが、どうやら二輪では行く事が出来ないようだ。


その道を渡ったところに、海まで↑ とある看板があり、背後の松林の向こうに砂浜が広がっていることが予想された。
松林は鬱蒼と広がり、たまに鳥の声が聞こえるだけで、人の気配がない上にそうでないモノの気配を感じた気がした。
よく見ると足元には、松林からつい最近落ちてきたであろう真っ黒な毛虫が散乱していた。
私は冷や汗をかいた。
今こうしている間にもコイツラは私の頭に背中に落ちているかもしれない。
私は踵を返し、変に刺激を与えないよう、また足元の仲間たちを踏みつけてしまわないよう息を殺して素早く歩いていった。

海を見るのはとうとう諦めた。

再び1時間ほど走っていると、青看板に吹上温泉右折と書かれていた。
阿呆のごとく条件反射でウインカーを出して、温泉の前に居た。

温泉と言ってももう50年ほど前からある施設が大半を占めている。
そのためか、立ち寄り湯の料金が最も安いと思われる公衆浴場に関しては、つい数日前である3月末に営業をやめていた。
とても惜しい。

b0367657_22160429.jpg
無念・・・。


その代わり、もみじ温泉という由緒正しき門構え・・といった趣の施設が営業していた。
聞くと100年以上の歴史だそうで、湯質も肌がすべすべとする気持ちの良い風呂だった。
料金も安く、ぜひとも続いて欲しい風呂屋さんだ。
脱衣室で薩摩弁をしゃべるおばあさんに話しかけられた。
一瞬何と言っているか全くわからず、異国の言葉とも思われたがどうにか意図するところがわかったので、受け答えは出来た。
洗い場でも丁寧に湯の出し方などを教示してくれた。
薩摩弁は、そもそも江戸時代に薩摩藩が他藩に諜報を許すまいと独自に開発したものだなんて話もあるけれど、なるほど納得これは同じ九州生まれの私にも難しいと思った。

b0367657_22382205.jpg
14時近くなった頃、やっと地場のものを手に入れ昼食にありついた。
一人でバイクに乗っていると、日中は先へ進もうとばかり考えてしまい(というか何も考えていないと言う説も)昼食は特に食べそびれてしまう。
前日もロクに何も食べていないのだ。
このソデイカ握りは美味しかった。ソデイカってどんなイカかと調べたら、巨大で割りと気味が悪いものだった。
こういう類のものを調べるときは、完全に消化を終えてから調べたほうが良い。
それと私は元来油物には弱いが、サクッとしてない方の画像の天ぷらは大好物である。
港の近くの市場とか、サービスエリアで見つけるタイプの天ぷら。

b0367657_22291751.jpg
阿久根市長島町にて 杉100%のゴジラ

黙々と走り続け、R389の橋を渡り阿久根市長島町に入った。
橋を渡ったとたんに島風情が広がっていたが、島の入り口付近は不思議と交通量が多かった。
時間的に天草まで渡ることができそうだったので、長島町と橋で繋がっている諸浦島の北部に位置する諸浦港16:35のフェリーに乗ろうと決めた。
長島町という町は本当に不思議で、見たところ町役場や道路整備に多額の市税が投入されているようだったが歩行者は誰一人として見かけない。それどころか島を進むほど、車ともほとんどすれ違わなくなった。
どこぞの議員の力を感じる・・
諸浦港に着くころには、不安になるほど車両を見かけなくなった。
だが小さな看板に従って標高を下った先にはちゃんとフェリー乗り場があった。
時刻は16:00間に合ったが、予想通り周囲には売店など時間のつぶせそうな施設はない。
車両の列に滑り込んだ私を見て、地元のおじさんが「今日は暑か!」と話しかけてきた。
すると続けて誘導棒を持った係員の男性が近づく。申し訳なさそうな顔で彼はこう言った。
「もしかして天草に行こうとしてます?土曜日は14時台で終わりなんですよね・・」
!! 
その言葉を聞いた私は青ざめた。今日は天草に泊まるつもりだ。
陸続きで水俣・八代と回るか?いいや、無理だ。陽は傾いてきている。途方もない移動距離に目がくらむ・・
頭の中に浮かべたぼんやりとしか記憶していない、熊本から切り離されたような天草の島々が浮かんだ。
「蔵之元港のフェリーなら間に合うかもしれません。」
再び男性の声がして現実に引き戻された。
なるほどそっちのフェリーがあった!早速ケータイで検索してみるも、移動時間に驚く。
現在16:05 フェリー発16:40 所要時間31分 出発時刻より早くに着いていないと乗れないだろう。
果たして間に合うのか!?
「ありがとうございます!」
考えるより先にギアを入れていた。
焦る。
焦る。
この辺りには宿はまったくと言っていいほど存在しない。
道を間違えてはいけない。手に汗を握る。
中学生の頃、100m走で自分の体の四肢よりも心臓が先を進んでいるような感覚になったが人馬一体、事故をしてはいけない。
誰も見えないのにキンキラキンの町役場を右折して不安になるほど進み行けば港があった。
間に合った!
私は港に着いた瞬間、船より早く天草に到達した。
というわけで無事天草の地を踏むことはできたが、今度は宿が決まっていなかった。
ここはあらゆる施設が少ない。安宿も例外ではなかった。
港に観光案内所が併設されていたが、係の女性に尋ねたところ予感的中。
予算は3000円以内。海外と比較すると、日本にはこの幅の宿が少なすぎる。
人件費を考慮すればそれは当たり前のことかもしれないが、ケータイで再び検索。
夕食をとる場所も少ない。あまりの情報不足に、せっかく天草に渡ったが何も食べずに熊本市内まで走ることも考え始めた。
するととあるバックパッカーズホステルに電話してみると予約が取れた。
受付してくれた女性は親切に対応してくれてしかも声が可愛いので、わくわくした気分になった。
目的地の一つである崎津集落にも通りがかり、指宿から走り続けてやっとたどり着いた天草の地。
夕暮れの中、ようやく胸は高鳴りはじめた。
ところが夕食を摂ろうとした人気のチャンポン店は18:00閉店のはずが、やっと店の前に着いた17:45時点に店の暖簾は既にすりガラスの向こうに仕舞われていた。
落胆した。
通りには住民と思われる人々が数人歩いていた。軒先には夕飯の匂いが漂っている。
暖簾は仕舞われた。住民は夕飯の仕度がされている家に帰っている。
二気筒の排気音をボコボコと鳴らしている自分はなんだかその光景に似つかわしくないように思われ、いたたまれなくなった。
仕方なく宿のある場所を通り過ぎ、苓北町まで行くことに。
スーパーで買い物をして店を出ると、辺りはすっかり夜の帳に包まれていた。

b0367657_22302168.jpg
天草R389鬼海ヶ浦付近のトンネル
b0367657_22301687.jpg
晴れていたら絶景であろう夕陽



[PR]

by aroundjapan | 2016-04-23 20:38 | 2016 九州半周編 | Comments(0)  

<< 福岡プチツー編 嘉瀬川ダム 九州半周編1/4 宮崎県を出る >>