ドライブイン七輿

2017年現在、少し前にNHKで放映されたのをきっかけに、ドライブイン・自販機ブームの波が来ている。

九州地方にはほぼ現存しない(2016年鹿児島では一機実働)ため、私と懐かし自販機とのインターネット上での出会いは、20歳を過ぎた頃。

当時、某懐かし自販機のサイトで存在を知った群馬県のドライブイン七輿だったが、ついにその地を踏むことが出来た。
某サイトではその頃より現在に至り、日本各地で繁栄した自販機を廃業そのときまで愛でるべく、経過観察のごとく粛々と更新が続いている。

そんな、懐かし自販機・ドライブインの聖地と言っても過言ではない群馬県の占めるシェアは全国に点在するもののうち2割弱!

b0367657_20014160.jpg
一発目から感激の嵐。
到着したのは冷え込み始めた夜だったが、孤独に輝く電灯が数十年前より看板を照らしている。
シャッターを押しながら、この記事を書けること、そして数日間の充実した群馬ライフを約束されたようでにんまりしてしまう。

b0367657_20014967.jpg
入り口側外観。
ネオンがいかにもドライブインという印象。
パチンコ屋でさえも、こういった種類のネオンは現在では使用している店が少ないので懐かしさに駆られる。

しかし、思っていたのと違うなぁ。
広い駐車スペースの奥まで歩いてみる。

b0367657_20015898.jpg
あぁ、これだ。
この看板を見てここに憧れたんだ。
残念ながら、インターネット上で見ていた当時の看板より随分色褪せてしまっていた。
b0367657_20020655.jpg
入店してみると先ほどの赤看板のスペースは事務所になっているそう。
群馬ローカル的には、懐かし自販機の聖地であることを自覚し最近まちおこしに利用しはじめた・・という内容の新聞記事などが貼られていた。

b0367657_14494625.jpg
店のステッカーを作ってみたらしい。
私のようなマニアの記念来店向けのはずだが、どうにもデザインがしっくり来なくて購入に至らず・・。
トラック用なのか、やけに大きいし。

下段にはかわいらしい包装を施されたラベンダーまくら(?)
長距離トラック運転手に癒しを提供したいといったところだろうか。
b0367657_14495235.jpg
こちらにもラベンダーのポプリ人形、手作り七ちゃん地蔵。

私「う、うん・・・」


b0367657_20022465.jpg
店内節電のためか暗い。
室内照度に比べ、やたら自販機のパネルが発光しているため近くに寄らないとなにを販売しているのか分からない。
大きく、左からカップヌードル・ドリンク・女子トイレを挟んでハンバーガー・トーストサンド・男子トイレを挟んでカップヌードル・うどんそばラーメン。

店構えの割りに自販機台数はこんなものか、といったところ。

自販機とか何かよりとにかく言いたいのが激しくショ×ベン臭い。
これはホカホカした汁物を食べることは体調をよりスムーズに悪化させることになりかねん云々と直感で思ったので、一つだけ選んで軽く食べてお暇しよう。
b0367657_20021346.jpg
よりによって男子トイレ横の下部から排出されるトーストサンド(ハムチーズ)選んでしまった。
シチュエーションは底辺であるが、トーストサンド機初体験なので嬉しい。
b0367657_20050911.jpg
卓上の調味料類にもいちいち、給食当番のエプロンのように名前が入っていて和む。

b0367657_20051831.jpg
温まったアルミホイルブツが男子トイレ横の下部より排出された(強調)
このままだとぺしゃんこ過ぎて食べ物には見えまい。

b0367657_15065986.jpg
室内も寒いのでインナーグローブを着用したまま捲る。
なるほど、こんなものね。
230円の割にたいしたことは無い。インスタ映えなんて、もっての外。
b0367657_20052752.jpg
味も普通。温められているのでその点は口に嬉しい。
決して人に薦められる食べ物ではないが、興味のある方は是非どうぞ。
文句を言いつつも、九州から来て食べている変態は私です。
b0367657_20053695.jpg
ゲームにはあまり興味が無いのと、先客が何人かいたので見ずに退店する。
ネオンとW650を記念撮影していると、窓ガラス越しに怪訝そうに私を見つめる男性が居たが、私は構わず撮影を続けた。

(完)



ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2018-01-15 15:38 | 2017 バイク旅 | Comments(0)  

<< 鶴舞う形の群馬県 群馬へ >>