山口県キャンプツーリングその3


起きたらそこはホテルの一室だった。
古いけれど割と広い部屋だ。
年季の入った什器が埃っぽい匂いを放つ。

私はAとキャンプをしている夢を見ていた。

b0367657_18203268.jpg

まるで自室のごとく散らかし放題のA。
私は散らかすと片付けるのが面倒なので、初めから最小限しか広げないタイプ。
同じクラシック系バイク乗りの女でも色々違う。。

山口市内で宿泊したので、あとは家に帰るだけ。
Aとはここから東西に反対方向へ進むことになる。
だがすぐに家に帰るのは味気ない。

外から見たら私たちオートバイ乗りは、同じ格好で運転しているように見えるだろう。
しかし、観光地に向かって走るのと、走りたい道を走るために走るのと、帰途に着くのと、山林を冒険するように走るのと、はたまた私には未知の領域だが、スピードを競う為に走るのではそれらが意味する所は全く違うのだ。
同じように、どういったタイプのオートバイに乗るかで、そこに何を求めるかは全く違ってくるだろう。
十人のバイク乗りが居れば、十通りのオートバイとの付き合い方がある、と思っている。

ホテルの壁にも貼ってあった、山口市内で一番人気の観光スポットらしい瑠璃光寺に立ち寄る。
国宝に指定された五重の塔を見ることができるそうだ。

ホテルをチェックアウトし、給油して20分ほど走らせたか。
斜面になった駐車場に文句を言いながら、ギアをローに入れてバイクを降りると熱気に包まれる。
暑い暑いと言いながら、二人で五重の塔を探した。

b0367657_18204359.jpg

鳴き竜効果の石畳で手を叩いたりしながら、かなり上の方を目指して歩いた。
しかしもっと奥の、しかも少し下の方に見つけた。
悔しい。



b0367657_18224265.jpg


近寄ってみると、かなり古そうだ。
周辺は立派な庭園らしいつくりをしているが、暑いからか数人しか歩いていない。

b0367657_18204729.jpg

見上げた様子。
近すぎて上手くファインダーに収まらない。

b0367657_18205289.jpg

やや下がってみるも、やはり全体が黒っぽく写り、絵の中にうまく魅力を引き出せていない。

b0367657_18231634.jpg

背後は池を囲む日本庭園風のつくり。
熱気が充満していて、木陰でさえもかなり気温が高い。
蝉の声がうるさくて、暑さを増長させているようだ。

虫取り網を抱えた少年が祖母らしい年配の女性に手を引かれていた。
夏休みで遊びに来たのだろうか。

b0367657_18245575.jpg

駐車場に戻ると光の加減でカッコ良い二台。
腰を曲げたおばあさんに「気を付けてね」と手を振られ、嬉しくなる。
バイクに乗らない人にとって、バイク乗りが疎まれる存在にならなければいいな。




少し遅い朝食がわりに、ある場所を目指す。
信号待ちではせめて日陰に入っていないと、暑くてたまらない。

昨年10月以来の長沢ガーデンに着いた。
ここはうどんそば自販機がある。

自販機は外に設置されているので、冷房の効いた室内で食べることが出来ないと知ったAに文句を言われた。

b0367657_18323760.jpg


自販機には、ちょうど材料を補充する作業中で、扉が開いているのを初めて見た私は釘付け。

女性の背後から撮影していると、怪訝そうに見られた。

b0367657_18325240.jpg

出汁は長沢ガーデンで作っている自信作。
メニューは天ぷらうどんと肉うどん。
前回天ぷらうどんは食べたので、肉うどんに挑戦してみる。
天ぷらはイカ下足など入り、かなり出来がいいと思うのでAに勧めた。

b0367657_18340843.jpg
b0367657_18345711.jpg
朝一からでもお腹にやさしい麺と出汁。
肉うどんの具材も天ぷらうどんと同様に麺の下に入る。
どうやら機械の行程で、出汁を注ぐ時に周囲に飛び散らない工夫らしい。

具材は牛丼風に甘く、玉ねぎと煮込んであるものだった。

b0367657_18343971.jpg
こちらの屋台にカレー・たこ焼き・ポテト等が販売されているが、今日も食べることができなかった。
それほど満腹ではなかったので食べるべきだった。
と、毎回あとになって思う。

b0367657_18255288.jpg
満足して土産にサイダーを購入。
なにげに素泊まり3000円に値上げされていた長沢ガーデンをバックに記念撮影。
風呂設備などかなり古いままで値上げとは頂けないな。泉質合わないし・・・。

国道2号をAは東に、私は西に。
またすぐ会えるだろう。
b0367657_18361572.jpg
夕方から予定があり体力を無駄に消費したくないので3号線を回避、下関から九州道に乗るルートで行く。
壇ノ浦SAにてアイスコーヒーで一服。

学生時代、東京や大阪に行くときは大抵夜行バスを使って節約していた。
復路では博多に向かうバスは、必ずここ壇ノ浦で休憩を挟む。
朝の関門橋を眺めて一息ついた。
そういう記憶がにわかに蘇る。

今では振り向くと相棒の二輪がいるが、とにかく、あと10年経っても同じようなことをしているに違いない。




ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2017-09-01 07:10 | 2017 バイク旅 | Comments(3)  

Commented by いつかは 夢走 at 2017-09-02 09:17 x
Aさんの人物像は、わかりません。
その場に置くか置かないかは、
立ち止まりの、習慣の有無違い。
(偉そう!(超)上~笑)
立ち止まりできるkさんは、エラい!立派!泊手喝采!
私も立ち止まりできない。
過去のブログにも書かれてたと思います。
道路の入った写真すきです。
義男の彼バイ携帯小説(韓国なまり自動音声)
途中迄ききました。
冬のオートバイは、枯葉との駆けっこ。
こんな表現が、彼の作品。すきです。
ストーリーは・・・・・・
Kさんは、ミーヨの世界にはいってほしくないな。
自販機の語り部・カツ好き・イケダ・キムラヤ・永友パン・soraサンドイッチ好きのままで。
過去のブログ読み返しさせてもらいました。
自己紹介・・やはりお嬢さん
4月2日バイク用ジーンズ買った
ナリキリモデルポーズ(カッコイイ!)
燃えろ!いい女!燃えろ!ナ・ツ・コ~
(ごめんなさい古(笑))
誰だ!男と間違うのは!
3月6日つぶやき
~~~いいわ。
3月1日正しい街(理解できる人でいい)
インカムからのバックミュージックと、画像・ナレーション・思い出リフレイン・エンディング。最高!
2枚の孤立した連続画像構成 
メロメロです。
短編画像小説書いてください。
勝手に お嬢ナツコさん! いつかは


Commented by aroundjapan at 2017-09-04 14:12
> いつかは 夢走さん
こと細かにブログの感想ありがとうございます。笑
私はミーヨにはなれませんね。
あんな純粋に「ブンブゥン‼︎」とか「待ってたんだゾ!」とか言えませんからね…笑
Commented by いつかは 夢走 at 2017-09-05 12:52 x
言わなきゃわからない男性ばかりじゃないよ。
でも、男性の、可愛いらしさって、単純な反応だよね。( 笑 )
それを考えると、遠回しでなく、ストレートな表現が好まれるのかも。
第一印象タイプの女性よりも、感じあえる女性ですよ。(変な意味に取らないでね、汗が・・・(笑))
常に、らしく、らしく いつかは

<< 4月/西へ 山口県キャンプツーリングその2 >>