山口県キャンプツーリングその2

気温は30度を超えていた。

いつもどおりにR191で天ぷらを購入し、店で売られていた鮮やかなレモン色のかき氷をAと半分に分けた。


b0367657_17493893.jpg
コンビニで再び休憩。
私の、小さくなったエンジニアブーツを貰ってくれたAは早速履いて来ていた。
限定色のSRをキックする足によく似合っている。

b0367657_17494378.jpg
「角島はこんなに遠かったっけ?」
信号待ちのたびに、インカムを持っていないAとジェスチャーで会話した。

走れども走れども・・。
海岸線に出ると、信号も少なくなり混んでいないだけ全然ましだ。

去年の旅の初日は、この道路は角島に至るまで数十キロもずうっと渋滞だった。
おかげで、強い日差しとエンジンの熱で焼け焦げるかと思った。
その日は、渋滞に観念して角島に立ち寄るのはとうとう諦めた。
ドライブスポット人気の弊害である。


b0367657_17494739.jpg
そしてその角島にやっと到着したのは午前11時ごろ。
この時間になると観光客もかなり多く、早く立ち去りたくなる。

Aと来たのは3度目。
天気こそ恵まれているが、もういい加減見慣れているので適当に写真に収めて先を急ぐことにした。

b0367657_18084299.jpg
自動車で来た人たちもそこで写真撮影をしているため、バイクを並べる気にもならない。
この撮影スポットも、初めて来たときには人も少なかったはず・・。

b0367657_17495118.jpg
一応、人の少ない瞬間に二台を横に並べて撮影してみた。
W650はあっちを向いているけれど。

この時はまだよかった。
何がよかったのかと言うと天気だ。

角島から長門に向かって走る道路は静かで木陰の涼しいお気に入り道路なのだが、信じられないことに前方の雲の色が濃くなってきた。
もう少し走ってみるか、とAと顔を見合わせると数分後には土砂降りになっていた。
あーあ…。

b0367657_18093049.jpg
突然の大粒の雨に襲われた私達の気分は投げやりだった。
ジーンズもじっとりと濡れてしまった。
こういう時、ライダーはだいたい食事か温泉に逃げるはずだ。

昼時だったのでR191沿いの長門の地場ファミリーレストランにて昼食。
地元の老若男女みんな集い、味も値段も文句の付け所のないレストランだった。

Aは日替わり膳、私は前回の記事でもトンカツを食べていたような・・。
好きな食べ物は?と聞かれても何て答えるか悩むが、トンカツが好きみたいだ。

しばし休憩するも、雨雲を調べるとこれから次々襲ってくる様子。
今日はキャンプする予定で来たが、無理そうだ。

悩みつつもまだ時間はたっぷりあるので、小雨の中カッパを着てとりあえず出発することにした。

海沿いのR191から折れ、山間部を走っていくとまもなく土砂降りに変わった。
そのまま秋吉台まで止まる理由もなく一直線。
さすがに車はほぼ居ない。
晴れていたら気持ちがいい場所なのに、なぜ今走っているんだろうと感じずには居られない。

b0367657_18093876.jpg
道の駅にて休憩。
こちらは、道の駅駅長(?)が個性的な方だそうで旅人歓迎の様子。
私の知り合った旅仲間も写真撮影され、壁に飾られていた。

b0367657_18095078.jpg
昭和の雑貨も店内に多数置いてある。
特産品の直ぐ隣にフィギュアがあったりと、駅長のしたい放題。

レコードも積み上げられてあるが、ジャニス・ジョプリンのサマータイムは流れていなかった。

b0367657_18100034.jpg
店の外のベンチに座り込み、お揃いのブーツを並べ二人でため息をついた。
少し日差しがあったのでカッパを脱いで乾かすも、ジーンズは相変わらず湿っていたので気持ちは底辺だった。

「天気はこれからも悪いようだし、走って30分のとこに湯田温泉があるんだ。そこに行かないか。」
「御意。」

こうして天気に抗うのを止めた。

ビジネスホテルの部屋に到着した私は、ジーンズを脱いでベッドに身体を投げ出し1時間以上眠ってしまった。
目が覚めて、夕飯のために街へ出歩くも、ここ山口市内には温泉街らしいスナックはあれど目ぼしい食事処は少なく、コンビニで夕食を買ってきた。

なぜか宿泊室にはDVDプレイヤーがあったため、夕飯を食べながら持ってきたDVDを鑑賞。

タイトルは彼のオートバイ、彼女の島。

一部の読者にはお馴染み、私のW650に乗るきっかけとなった原作小説の映画版だ。

舞台は80年代の夏の瀬戸内。
コンビニで買ってきた炭酸水を飲みながら、「この世界に入りたい!!」と熱弁をふるい、Aに煙たがられながらも入浴後、就寝。

つづく


ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2017-08-26 15:59 | 2017 バイク旅 | Comments(2)  

Commented by いつかは 夢走 at 2017-08-27 00:15 x
バイクと記念写真は、定番ですよね。
でも、私だけかな?バイクと言うより分身に見えてくるのは?
自分の分身でもあり、愛しい相棒かな?(笑)
サナトリウムに入所して、はや三年。
発作のでない時間だけ、皆さんのブログを読んで、ラジオを聴いてます。
あとは、私の相棒チェロと話しをしています。(犬じゃないです楽器ですよ。)
チェロって、バイクに似ているんですね。
抱きしめながら弾くんです。身体に響いてくるんですよ。三年前彼の背中にヘルメットを押し当てタンデムしたときをおもいだします。
タンデムは、だめですよ。(バイクがやきもち)
天国で、私の下手なチェロを、聴いてくれてればいいんですが。
私は、チェロをガードレールにも垂れさせ写真を撮りたいな。
なが〜い、エンドピンがいるかも。( 笑 ) ・・・・・・・いつかは・・・
Commented by aroundjapan at 2017-08-31 14:07
>いつかは 夢走 さん
バイクを分身というほど投影してしまっては居ませんが、力を貸してくれる相棒のようですね。
自分の足だけでは日本一周なんてできませんから・・

私のブログで楽しんでいただけているなら、幸いです。

<< 山口県キャンプツーリングその3 山口県キャンプツーリングその1 >>