開聞岳初登山の旅路その4

なかなか更新できません。。
秋ごろから余裕出てきますので、それまで過去ログのほうもよろしくお願いします。
自分でも非日常を感じたいときに読んでいます。笑

記事のパソコン更新では未だにXPのMS-IME入力をしています。
ただ辞書が使い物にならなすぎて、スムーズな入力には程遠いので良い変換辞書があれば教えてください。

----

昨晩は結局、頴娃の番所鼻公園まで戻ってきた。
便所や適度な照明があり、車中泊には最適な空間と思われたからだ。

そしてその判断は間違っていなかったらしく、我々以外は誰も居ない海の見える駐車場で快適に過ごすことが出来た。

※SUVタイプとはいえ、背もたれをフラットにした乗用車の中で長座位で身支度をするには私の身長ではやや厳しく、夢の車中泊ライフは諦めることになりそう。

b0367657_13514521.jpg
顔を洗って、野外で歯磨きなどしていたら放浪した日々を思い出す。

朝の運動がてら、開聞岳を見ながらYちゃんと付近をうろうろ・・。
今朝は雲が全く見えない、かなり天気がよさそうだ。

昨日、山頂からの視界はゼロで悔しい思いをしたので、今日は開門岳含む景色を見て楽しむ日とする。

b0367657_14444378.jpg

南国情緒溢れる街路樹を見ながら、再びYちゃんを率いて国道を往く。
行き交う車はまだほとんど居ない。

宮崎で見ていたフェニックスやワシントニア・パームと比べると、鹿児島のそれは低木寄りで椰子の木やソテツに近いものをよく見る。
佐多岬あたりまで行くと顕著だ。


b0367657_13515355.jpg
とある休憩スポットの駐車帯にて写真撮影タイムとしよう。
九州の北部は入り江が多く、あまり見ることが出来ないのだが南部、特に鹿児島はこういった弓なりの砂浜を見られる海岸が多いのでドライブする際はぜひとも見て欲しい。

b0367657_13515337.jpg
振り返るとこの景色。
道路と海と山がいい具合に引き立てあっている、南九州でもかなりの絶景に入ると思う。
私もそうだが、特に乗り物が好きな人には道路の入った景色は堪らないだろう。
Yちゃんとお互いに走行写真を撮影しあった。

b0367657_13515475.jpg
続いて開聞岳のよく見えそうな位置関係にある大野岳という山のてっぺんへ登る。
こちらはかなり上の方まで車で上っていけるので、ドライブの際には是非行ってみて欲しい(二度目)

駐車場から見ても、麓に広がる茶畑が良く見えて十分な眺めであった。
思っていたよりも立派に整備されていた。

駐車場からは階段があり、上部には展望台があると看板が出ていたので、歩いて登ってみることにした。

b0367657_13515423.jpg
登りがひと段落した場所にある展望台より、まるで芦ノ湖と富士山かと勘違いしてしまいそうな池田湖と開聞岳。
全く期待していなかった景色に期待が高まる。

b0367657_13515271.jpg
そしてこちらが海側のいい眺め。
空と海のグラデーションと、緑に包まれた大地。
心地いい太陽の光の下で抜群のロケーションだ。

昨日のリベンジを十分果たせた!
それどころか、地形からして良さそうと期待せず足を運んだら、いいものが見れて余計に気持ちが良かった。笑

ここで両親から召集令状が寄せられて解散。
Yちゃんと駐車場で別れて、鹿児島へ向かう。

b0367657_13515241.jpg
麓の茶畑。
恐らく高級ブランド茶の知覧茶として出荷されるものだろう。
鹿児島のゆるキャラにはお茶葉をつけたものもいるが、いまいち九州以外には浸透していないのではないか・・。

b0367657_13515230.jpg
再び指宿スカイライン。
県道17号からそのまま有料道路へ移行する。

乗っている車のシフト操作はパドルシフトなのだが、これが扱いにくかった!
指宿スカイラインはヘアピンカーブこそないものの、鹿児島市内までのおよそ40km区間曲がりくねった道が延々と続く印象だ。
パドルシフト(ステアリングに固定式)だと、大きくハンドルを切ったときシフトがどこに行ったかわからないという感じで、カーブ後の加速が思うように行かずなんだか非常にフラストレーションを感じ、運転しにくかった。

道路自体もスカイラインと言う割に景観はいまいちだし、舗装も綺麗なところとそうでないところの落差が激しい。
個人的にはあまり走って楽しい道ではないと思う。ましてバイクでは海が間近に見える下道をおすすめしたい。

鹿児島市内にたどり着いたところで、一人きりで九州道に乗ってしまいそうになったりと慣れない道に慌てつつも、鹿児島中央駅に電車で先に到着していた両親をピックアップ。
もう昼食の時間になっていたので、来た道の途中にあった有名店にてとんかつ。
b0367657_13515208.jpg
竹亭のとんかつ、ボリュームがあってとても美味しそう。
と思ったらキャベツの向こうにこぶし大ほどのメンチカツも置いてある。
なんでも12時までに注文するとランチタイム特典でついてくるそうで、我々にわずかに遅れて来た隣の席の方々の皿には載っていない。
かなり得した気分。

私はとんかつは決まってヒレしか食べないのだが、満足な味。
ていうか、鹿児島で豚食べてうまくないはずがなかろうもん。
味噌汁は出汁がよく出ていて、懐かしい味がしてかなり美味しかった。

おまけのはずのメンチカツはたっぷりの玉ねぎが甘く、肉も軽めでくどくない。
メンチカツだけで定食にしたい質の良さだった。

定食は800円からあるそうで、それほど待たずに入れたのも運がいい気がした。
キャラクターのブタちゃんも、鹿児島のゆるキャラにしてしまえば?と思うぐらいかわいい。
チェーン店で、大隅半島側は鹿屋市にも店舗があるので是非行ってみて欲しい(3度目)
b0367657_13534043.jpg
帰路は同じく九州自動車道でひたすら北へ。
桜島サービスエリアから桜島の噴火を眺めていると、Yちゃんからちょうど噴煙の立ち昇る画像が届いた。
桜島なりに見送ってくれていたのかな。
噴煙から逃げるように車を走らせたのだった。


おまけ
b0367657_13565133.jpg
スーパーの地元ベーカリーでプチ爆買い。
デーリィ乳業とイケダパンは福岡では手に入らない。
マンハッタンのファミリーパックも福岡ではあまり見ないので思わず買ってしまった(子供の頃から好物)





ランキング参加してます。良かったら1日1回押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村

[PR]

by aroundjapan | 2017-08-12 15:58 | 二輪以外の旅行 | Comments(4)  

Commented by 会長 at 2017-08-13 00:17 x
車内泊だとバンみたいな車が最適ですよね
ハッチバックに乗って釣りの遠征によく行きますが、車内での身支度は陸でのたうちまわる死にかけの魚に近いものがあります。
それにしても景色最高ですね!
バイクで走りたくなりました!
Commented by aroundjapan at 2017-08-14 09:16
> 会長さん
釣りは朝早そうですね。のたうちまわる死にかけの魚!笑
ハイエース欲しいと思いながら支度してました。笑
この辺りは鹿児島市内からも離れているので綺麗な自然がたくさん残っててドライブ・ツーリングには最高ですよ!
会長さんの次作も期待ですo(^o^)o
Commented by いつかは 夢走 at 2017-08-15 13:37 x
鼻水垂らしながら、愛車のエンジン音と会話しながらの旅行は、バイクにかぎりますよね。片岡義男を超える感性、風景ブログ期待しちゃってます。( 笑 )
Commented by aroundjapan at 2017-08-15 22:55
> いつかは 夢走さん
大きな声ではいえませんが、重度の花粉症もちなので3月のツーリングでは鼻水ダラダラでした。(汚い笑
小説に倣って信号待ちで愛車のタンクをなでさすったり・・は流石にしてないです。笑

開聞岳初登山の旅路その3 >>